医師監修

コレラとは

コレラは、コレラ毒素生産性のコレラ菌が混じっている不衛生な食べ物や水を介して経口感染する伝染病です。感染するとその毒素により米のとぎ汁のような下痢やひどい嘔吐などの症状が現れますが、発熱は見られません。重症化すると意識障害や痙攣などが起き、死亡してしまうケースもあります。

コレラの症状

コレラ菌の潜伏期間は短く、早い人は数時間で、大抵は2日から5日以内に突然症状が現れます。
  
全く症状が出ない場合や、数回の下痢で軽く済む場合もありますが、大量の水のような下痢を数十回も繰り返してしまうと脱水状態に陥りやすくなります。激しい嘔吐の症状が出る場合もあります・体温は低体温になり、眼が落ちくぼみます。腹痛はあまり見られません。チアノーゼや声のかすれ、血圧低下、尿意を感じないなどの症状も出てきます。
  
重症化すると痙攣したり、意識障害を起こしたりし、命に関わる場合もあります。特に高齢者や、胃の切除をしている場合は重症化しやすいので注意が必要です。

コレラの原因

コレラはコレラ菌に経口感染することで発症する伝染性の病気です。
  
コレラ菌で汚染されてしまった水や火がよく通っていないような魚介類や野菜などを食べると、コレラ菌が体内に入り、さらに酸性の胃の中で死滅しなかった菌がそのまま小腸の下部で増えてしまいます。増えた菌は細胞内に入り込み、極度の下痢症などを引き起こしてしまいます。
  
コレラ菌が体内に入っても、症状が出ない場合も多いのですが、感染後1週間から2週間は便の中に含まれているので、知らないうちに他の人に感染している場合もあります。近年になって新たに見つかった変異型コレラ菌は、症状がより重く死に至る確率もより高いことがわかっています。

コレラの治療法

コレラ菌が広まってしまうのには公衆衛生上の問題や地球温暖化が関わっていると言われています。
  
日本のように上水道の発達した国は安全ですが、コレラが流行っている国、ハイチ、アジア、アフリカなどの国へ行く場合は、経口タイプのコレラワクチンを接種したり、渡航先の生水、氷、魚介類を口にしたりするときには十分な注意が必要です。プールの水や、飾りに使われていた氷、河川で洗った食器から感染した例もあるので、気をつけなければなりません。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

コレラに関するコラム