ブドウ球菌食中毒ぶどうきゅうきんしょくちゅうどく

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ブドウ球菌食中毒とは

ブドウ球菌食中毒は、特定の種類のブドウ球菌が作り出す毒素に汚染された食品を食べることによって起こる食中毒です。ブドウ球菌は自然界のどこにでもおり、健康な人の喉や皮膚などにも存在しますが、食中毒を起こすのは、食物中で毒素を作るときだけです。

ブドウ球菌食中毒の症状

ブドウ球菌食中毒の症状は、激しい嘔吐と下痢で、ブドウ球菌の毒素に汚染された食べ物を食べてから約3時間以内に、強い吐き気と嘔吐に襲われます。さらに、腹痛や下痢も現れ、ときには頭痛や発熱を起こすこともあります。また、水分と電解質を失い脱水状態になると、脱力感を抱き、重症の場合は血圧低下を起こします。
  
通常、食中毒の症状は24時間以内に治まり、1~3日ほどで完全に回復します。ただし、乳幼児や高齢者、病気などで衰弱している人の場合は、生死にかかわることもあり注意が必要です。

ブドウ球菌食中毒の原因

ブドウ球菌は食べ物の中で繁殖し、毒素を作り出します。ブドウ球菌食中毒は、食べ物と一緒にこの毒素を摂取することで起こり、ブドウ球菌そのものを摂取しただけでは発病しません。
  
毒素に汚染されやすい食品は、生野菜、おにぎり、サンドイッチや弁当、和菓子やケーキ、乳製品や肉・ハム、ちくわ・かまぼこなどの練り製品などです。ブドウ球菌自体は熱に弱いものの、生成された毒素は加熱しても無毒化されません。
  
ほとんどの場合、ブドウ球菌は調理者の手から食品にうつります。調理者の手指に傷や湿疹があったり、加熱が不十分だったり、食品が室温で放置されたりする場合は、食品を汚染するリスクが高くなります。

ブドウ球菌食中毒の治療法

ブドウ球菌食中毒を予防するには、調理の際に十分注意する必要があります。まず、手指に傷や湿疹、化膿がある人は、直接食品に触れたり調理をしたりしないことです。そして、調理者は手や指を十分に洗浄します。
  
まな板や包丁、ふきんなどの調理用具もよく洗い、熱湯や漂白剤などで殺菌します。さらに、食べ物は調理後すぐに食べるか、10℃以下で保存し常温で放置しないようにします。万が一、ブドウ球菌食中毒にかかった場合は、水分をしっかり補給することが重要です。症状によって点滴や入院などが必要になることがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

ブドウ球菌食中毒の相談