医師監修

胆嚢ポリープとは

胆嚢ポリープとは、胆嚢の内側にできる粘膜の盛り上がりのことです。発生の頻度は5%から10%程度で、ほとんどが良性です。しかし、ポリープが大きくなると悪性の可能性が高まるので注意が必要です。

胆嚢ポリープの症状

胆嚢ポリープはほとんどの場合、特別な症状がありません。そのため、多くは検診や人間ドックなどで行われる腹部超音波検査で見つかります。また、見つかってもそのほとんどは良性なので、半年から1年ごとに超音波検査を受けながら経過観察をすることになります。ただし、良性の場合であっても、胆石症や胆嚢炎などを合併している場合には、その症状であるみぞおちの痛みや不快感が出てくることがあります。
また、ポリープが悪性だった場合、もしくはガン化して大きくなると、鈍痛や体重減少、発熱や黄疸、下痢などの胆嚢ガンの症状が出ることがあります。

胆嚢ポリープの原因

胆嚢ポリープには胆嚢内部の粘膜細胞が増殖してできる腫瘍性のものと、胆汁中のコレステロール成分が胆嚢粘膜にはりついてできるコレステロールポリープなどの非腫瘍性のものの二種類があります。このうち、非腫瘍性のものはガン化することはなく、大きさも10mm以下ですが、数が多く、桑の実や金平糖のような形をしていることが多いようです。
一方、腫瘍性のものには良性の腺腫と悪性のガンがあります。こちらの原因はわかっていません。どちらも単発ですが、特に大きさが10MMを超えて、表面が不整形の場合はガンの可能性が高くなります。超音波検査により、血流の有無などを調べることで判断がつけられます。

胆嚢ポリープの治療法

胆嚢ポリープのうち、コレステロールポリープの場合は、胆汁中のコレステロールエステルが胆嚢粘膜に付着してできます。ただ、血中や胆汁中のコレステロール濃度が高いとできる、というわけではありません。そのため、基本的には経過観察をしていくことになります。
一方で、胆石に成長する可能性があるため、特に脂肪分やアルコールを控え、食生活の乱れに気をつけること、ストレスをためないようにすることが大切です。腫瘍性のものは原因がわかっていません。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

胆嚢ポリープの相談

胆嚢ポリープに関するコラム