肝膿瘍かんのうよう

カテゴリ
肝臓・胆のう・すい臓の病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肝膿瘍とは

肝膿瘍とは、肝臓が細菌や真菌、原虫などに感染して膿瘍ができた状態を指します。主に、細菌性のものとアメーバ性のものに分けられます。腹部の超音波検査やCT検査で、肝臓内の膿瘍を確認します。

肝膿瘍の症状

肝膿瘍の症状は、細菌性の場合は、食欲不振、全身の倦怠感、発汗、発熱、右季肋部痛、お腹の上部の痛み、黄疸などがみられます。アメーバ性の場合、さらに血性の下痢があることもあります。

「右季肋部」とは、右の1番下に存在するあばら骨の裏側を指します。胆石のときにも、食後に右季肋部が痛むことが多いです。肝膿瘍の主な症状と言われる発熱では、38~40度ほどの高熱が出ます。

肝膿瘍の原因

肝膿瘍の原因は、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌、原虫などが、肝臓内に入るためと言われています。

細菌性では、大腸がんやクローン病、虫垂炎などの病気に続発します。肝臓の周辺にある臓器が炎症を起こし、その炎症が肝臓にも及んで膿瘍が形成される場合もあります。実際には原因が特定できないことが多いです。

アメーバ性の場合は、赤痢アメーバが口内に入ることが原因とされています。

肝膿瘍の治療

肝膿瘍は抗菌薬を使うことによって徐々によくなりますが、それだけでは不十分なことがあります。その場合は、エコーを用いて肝臓に針を刺して膿を取り除く治療を行います。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください