膵がんすいがん

カテゴリ
肝臓・胆のう・すい臓の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

膵がんとは

膵がんは、胃の後ろに位置する20センチくらいの長さの膵臓に、悪性の腫瘍が発生することです。消化器ガンの中では、早期発見が非常に難しい部位であり、手術が難しく、悪性度が高いため、治りにくい難治ガンであると言われています。

膵がんの症状

膵がんは体重減少や、腹痛、食欲不振などの初期症状が見られますが、これといった大きな特徴がなく、見落とされてしまう場合があります。

腹痛などの症状が現れた際には、かなり進行している場合もあり、早期発見が難しいと言われています。その他の症状として、黄だんや体の痒み、尿の色が濃くなるなどの症状を訴える場合もありますが、検査をして膵がんが判明した場合は、病状がかなり進行しているということも珍しくありません。

目立った症状がないため、定期的に健康診断を受診したり、検査などを通して偶然発見されるたりするケースもあります。

膵がんの原因

膵がんの原因は不明であり、原因究明のために研究が進められています。遺伝的要素を原因とする説や、膵がんを誘発する危険因子として、生活習慣の乱れにより、肥満との関係も原因の一つとして考えられています。喫煙やアルコール、偏った食生活や運動不足などが肥満につながり、糖尿病との関係性についても研究が進められています。

糖尿病や慢性膵炎などの既往歴がある場合や、家族の中でも膵がん発症者がいる場合など、膵がんを発症するリスクが高いという説もあります。早期発見が難しい上に、悪性度が高いため、難しい病気として原因究明のために研究が行われています。

膵がんの治療法

膵がんは、原因不明のため、明確な予防法がありません。しかし、喫煙や飲酒、そして肥満との関連性が原因の一つとして考えられているため、生活習慣の改善を図ることで肥満から膵がんを発症するリスクを軽減する一つの手段になります。

目立った自覚症状がなく、早期発見が難しい病気とされているため、定期的に健康診断を受診し、日頃から健康意識を高める事が重要です。膵がんを発症した家族がいる場合は、遺伝も含めて、日頃から意識する事も大切です。

治療には、手術療法、化学療法(抗ガン剤治療)、放射線療法があります。
がんの進行や全身状態を考慮し、単独または複数の治療を合わせて行われます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

膵がんに関するコラム