精索静脈瘤せいさくじょうみゃくりゅう

カテゴリ
男性生殖器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

精索静脈瘤とは

精索静脈瘤とは、男性器の一部である睾丸の蔓状静脈叢と呼ばれる部分に血液がうっ滞してしまい、こぶ状に膨らみ、曲がりくねった状態の静脈瘤を形成します。度合いにもよりますが、場合によっては陰嚢に痛みを感じることがあります。また、不妊の原因となることがあります。

精索静脈瘤の症状

精索静脈瘤には、基本的に主だった症状はありませんが、血液の流入により静脈が大きく膨れてしまうなどした場合、睾丸に不快な感じを覚えたり、痛みを感じたりするケースも報告されています。この状態においても、男性ホルモンの活動には支障がないため、男性機能には問題をきたしません。
  
しかしながら、場合により男性を由来とする不妊症の原因となることがありますので注意が必要です。この場合には、外科的手術によって精子の質などを改善させることが可能ですので、放置せずにできる限り早い段階で医師に判断をあおぐことが推奨されます。

精索静脈瘤の原因

精索静脈瘤の主な原因は、睾丸から腎静脈へと向かう精索静脈の血液のめぐりに問題が生じたとき、静脈内の血液が逆流してしまうことにあります。
  
本来であれば、体の上部へと押し出されて行く血液が睾丸内の静脈に流入してしまうことで、コブ状に膨れ上がってしまうのです。上腸間膜動脈が、静脈に圧力をかけてしまっている可能性や、静脈弁が先天的な要因により不全を起こしている可能性が考えられ、この症状を起こすのは、主に左側の精索静脈に多いとされています。
  
その理由としては、精索静脈の長さが左右で異なり、左側の方がやや長いからであると考えられています。

精索静脈瘤の治療法

精索静脈瘤には、予防できる方法などはありません。しかし、自身での触診においても発見できる可能性がありますので、取り組んでみることを推奨します。
  
方法としては、起立した姿勢で腹部に力を入れ、その状態を維持したまま睾丸を触ってみるというものです。このときに、睾丸内の手触りに違和感がないか確認してみて、コブのように膨れた箇所がある場合には、精索静脈瘤を起こしている可能性があります。
  
この疾病自体は珍しいものではありませんが、不妊の原因となるケースもありますので、医療機関の受診が推奨されます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください