コミュニケーション障害を克服しよう!今日から出来る3つのトレーニング法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

「コミュ障」という言葉を聞いたり目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

コミュニケーション障害」の略で、そもそもはネットスラングであったこの言葉も若者を中心に一般的に使われるようになりました。

生まれ持った性格だから仕方ない、と思っている人も多いと思いますが、日常生活において意識的にトレーニングすることによって改善できるかもしれません。

要チェック項目


□他人との会話に苦手意識がある人はコミュニケーション障害の可能性
□仕事でもプライベートでも様々な弊害をもたらすコミュニケーション障害
□コミュニケーション障害は日常生活での意識で克服できる

コミュニケーション障害とは何か?

コミュニケーション障害とは、その名の通り「他人とのコミュニケーションを図ることが苦痛に感じ、会話が苦手だったり、自分をうまく表現できない」ことを指します。

身体的な障害ではなく外見上から判断することはできないため、会話して初めて相手は違和感を感じることになります。

本人にとってはそれが非常に苦痛であり、ますますコミュニケーションが苦手になっていくという負のスパイラルに陥りがちであることが特徴です。

コミュニケーション障害の症状と原因

コミュニケーション障害の主な症状を挙げてみましょう。

症状


・他人の言葉を理解できない
・自分の意図している事柄をうまく言葉にできない
・言葉の吃り(どもり)
・自分に自信が持てない
・他人との会話を恐怖に感じる
・他人と会話する際に目が泳ぎ、目を合わせて会話できない
・仕事の事務的な話は問題ないが雑談が苦手で会話が続かない
・周囲の目が異常に気になる
・他人に興味が持てなく、見下している

このように、他人と会話することに対して恐怖や強い苦手意識を持っていることが大きな特徴です。これらの症状は様々な原因が考えられます。

原因


・強い心的ショックを受ける出来事が過去にあった
・うつ病や統合失調症
・発達障害などの脳の先天的障害

コミュニケーション障害による弊害

人間は一人で生きていくことはできません。好きな人に気持ちを伝える、友達を作る、仕事を円滑に進めるなど、あらゆる場面で他人と接するにはコミュニケーションが必要不可欠です。

コミュニケーションが円滑に取れないと、恋人ができない、親友と呼べる友達がいない、人と接する仕事に就くことが難しいなどといった深刻な影響を及ぼすことになります。

コミュニケーションとはまさに、人間らしい生活をするうえで絶対に必要な能力なのです。

コミュニケーション障害の改善による嬉しい効果

コミュニケーション障害が克服できれば、確実にあなたの人生は大きく変わることでしょう。

自分に自信が持てるようになるので恋人ができ、他人に興味を持つようになることで親友ができたり、自分の意図する事柄を正確に伝えられるようになることで仕事も円滑に進めることができます。

コミュニケーション障害はすぐに改善できるものではありませんが、日々の生活の中で意識することで徐々に改善していくことができます。

徐々に変わることで、周囲の人間も徐々にあなたの変化に慣れてくるはずです。そのため、「あの人、ある日突然変わったけど何かあった? 」というような違和感を感じられることも少ないです。

コミュニケーション障害克服方法

積極的な挨拶


まずは積極的に挨拶をするようにしましょう。この時、相手の目を見て挨拶することでより印象は良くなります。

相手が仕事をしていたり、自分に気付いていない場合は、「○○さん、おはよう。」というように、相手の名前を付けて挨拶してみましょう。

相手に興味を持つ


次に重要なのが、相手に興味を持つことです。コミュニケーション障害で多い症状の一つ、「会話が続かない」。

原因としては会話の内容がつまらないからという一言に尽きます。これは相手に興味を持っていないからという理由も大きいです。

そのため、少しでも相手に興味を持つことから始めてみましょう。少しでもいいので自分との共通点を探ってみると興味を持ちやすくなると思います。

自信を持つ


そして最も重要なポイントが、自分に自信を持つことです。

周囲の目が気になったり、相手が自分を嫌っているのではないか、という思考が働くのもコミュニケーション障害の一つですが、あなたが思っているほど周囲の人たちはあなたを見ていないし、

あなたに対して嫌悪感を持っている人もいないことを自分に言い聞かせましょう。

自分に自信が持てるようになると、自然と会話もスムーズになることが多いです。

コミュニケーション障害克服の一歩を踏み出そう

コミュニケーション障害に悩む人は年々多くなっています。様々な原因はあるにせよ、多くは心理的要因が影響していることがほとんどです。

今回ご紹介したコミュニケーション障害の克服方法を常に頭に入れておき、日常生活で意識的に取り組んでみることが重要です。

慣れないことばかりで、最初のうちは大変なこともあるかもしれませんが、繰り返すうちにそれが自然になってあなたの本質になってくるはずです。

その頃にはあなたのコミュニケーション障害も大きく改善されていると思います。ぜひ参考にしてみてください。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

広汎性発達障害について