広汎性発達障害こうはんせいはったつしょうがい/PDD

カテゴリ
こころの病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

広汎性発達障害とは

広汎性発達障害とは、コミュニケーション能力などの社会性に関する能力の発達に遅延がみられることが特徴である発達障害の一種です。
アスペルガー症候群や、小児自閉症などが含まれ、知能指数が低い場合に限らず、高い場合にもこの発達障害が見られます。

広汎性発達障害の症状

さまざまな広汎性発達障害のうち、小児自閉症の場合には、代表的に以下のような症状が見られます。
・対人関係において、相手がどのような気持ちになるか分からない
・言葉の発達が遅い、使用方法を間違える
・会話を続けることができない
また、上記のような症状を要因として、その場に相応しい行動をとることができないなどの症状が出るため、しばしば社会性の獲得に問題が生じることが多いです。
その他、アスペルガー症候群の場合には、小児自閉症と異なり言葉の発達には問題が見られないものの、やはり対人関係に問題が見られるといった症状が現れます。
また、聴覚や味覚などの感覚過敏も多く現れます。

広汎性発達障害の原因

広汎性発達障害の原因は、明確には明らかにはなっていませんが、遺伝的なもの、あるいは染色体異常などの生物的な要因が大きく関与していると考えられています。また、胎児性風疹や結節性硬化症などの、幼少期にかかる病気が原因として起こることも知られています。
広汎性発達障害は精神疾患として分類される病気であり、決して本人の怠慢や家庭環境などに原因があるわけではありません。治療法や特効薬もないため、当人が社会で生活してゆくためには、周囲の理解や社会的支援が不可欠です。幼少期に病気が発覚する人もいれば、大人になってから気付くパターンもあり、さまざまな支援が必要とされています。

広汎性発達障害の治療法

原因が明確となっていないため、広汎性発達障害を予防する方法が確立されているわけではありません。大切なのは、なるべく子どもの頃に、周囲の大人が早く障害に気付いてあげることです。障害に気付かず社会の中で生活するようになった場合、対人コミュニケーションに多くの問題を抱えることにもなり、本人にとっても周囲にとっても大きな苦痛を伴います。
必要な支援や理解を得るためにも、専門機関での早めの受診が可能となるよう、子どもの行動に気を配るのが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。

ADHD(注意欠陥多動性障害)は発達障害のひとつと言われています。
「うちの子、お友達に比べて落ち着きがない気がする」「宿題を何度言ってもしてくれない」と心配に思っておられるお父さんお母さんも多いかと思います。診断には専門の医師の診察が不可欠です。その前にまずはお子さんの様子がADHDの症状に当てはまるかどうか、セルフチェックしてみましょう。

1 /10

じっとしているのが苦手で落ち着きがない

健康チェック画像

「子どものADHD」チェック

「落ち着きがない」だけでは判断できないけど…不安。
健康チェックする