コラム画像

出典:PIXTA

深刻な女性の心因性性機能障害…相談しづらい4つの性のお悩みを解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

性交の際スムーズにいかない、なぜか性嫌悪を抱いてしまう、なんてお悩みをお持ちの女性の方もいらっしゃるかと思われます。

それはもしかしたら心因性性機能障害かもしれません。この心因性性機能障害とはいったいどのようなものなのでしょうか。

今回は女性の心因性性機能障害の概要、心因性性機能障害を引き起こす原因、それぞれの対策について医師に解説していただきました。

性的興奮は医学的に女性の体内で何が起こっている?


生理的反応


聴覚や触覚、視覚などの情報が脳に伝わりそれにより骨盤内の血流が増加します。

この結果、膣から潤滑液が分泌されるなどの性的反応が起こります。

心理的反応


性的興奮に至るまでの過程は、一般的には快感としてとらえられます。

女性の心因性性機能障害とは


概要


性欲、性的興奮、オーガズムを感じない、性交渉の際の痛みが発生してしまうなどの状態のことです。

原因


性機能障害は以下の4つの原因が考えられます。

・病気など体が原因
・心理的な面が原因
・体と心理的な面両方が原因
・原因不明

心因性性機能障害とはこのうち心理的要因によって性機能障害をきたしているものを指します。

心理的要因


・日常生活のストレス
・自分のボディイメージに対する悩み
・パートナーに対する嫌悪感
・ドメスティックバイオレンス
・過去の虐待の経験など

女性の性機能障害との男性のEDの違い


性機能障害は分類の方法にもよりますが、性欲の障害、性的興奮の障害、オルガズム障害、性交時疼痛障害などにわけられます。

男性のEDはこのうち性的興奮の障害にあたるので、性機能障害の方がより広範囲な性に関する障害をとらえた概念と言えます。

関連記事:

多くの日本人男性を悩ませる「心因性ED」とは?

女性の心因性性機能障害の治療方法


治療としてはカウンセリング、精神療法、行動療法などがあります。

まずは性機能障害に至った経緯をさぐりながら、また場合によってはパートナーと一緒にカウンセリングをはじめとする治療をうけていきます。

性のお悩み1:性的な行為に嫌悪感を抱く


心因性のことも多いですが、心身の疾患や薬物の副作用によっても発生することがあります。

関連記事:

薬と性機能の密接な関係...抗うつ剤で引き起こる「性機能障害」

性のお悩み2:オルガズムを感じられない


骨盤内の筋肉や神経が障害されている場合や加齢、薬の副作用などによっても起こります。

また心理的なものとしては性交渉に対する嫌悪感、パートナーからのオルガズムに対する過度な期待、過去のトラウマなど様々で、治療も原因の如何によってまちまちとなります。

性のお悩み3:腟けいれんに悩んでいる


性交渉に対する恐怖などによって、反射的に骨盤底筋群や膣がけいれんをおこしてしまうことが原因で発生します。

治療法としては、カウンセリングをはじめとした精神療法、教育、骨盤底筋のエクササイズ、器具を用いた治療などがあります。

性のお悩み4:毎回の性交痛が酷い


性交痛の原因は多岐にわたります。代表的な疾患としては子宮内膜症があります。また骨盤内臓器に炎症がある場合や、膣自体に炎症がある場合にも痛みが発生します。

まずは性交痛をきたしている原因がどこにあるのかを知る必要があるので婦人科の受診が有効です。

また、心因性のものとしては性的興奮が得られず、膣内に十分が潤滑液が分泌されていないことなどが考えられます。この場合はカウンセリングなどが有用となります。

関連記事:

女性の更年期に起きる性交痛…原因から治療法までを医師が解説

最後に医師から一言


性に関することは周囲にも相談しづらく、また病院にいくのも恥ずかしいと思っている方はいらっしゃると思います。

しかし、性に関する不調も生活に影響しますので、悩んでいる場合には一度病院を受診なさることをおすすめいたします。

(監修:Doctors Me 医師)
“女性の性欲の強さ”に関する素朴な疑問Q&Aまとめ
性に溺れてしまうのは...「セックス依存症」の真実
肉体的・精神的な問題が?性行為の時に濡れない原因
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

性機能障害について