医師監修

性交痛とは

性交痛とは、性交を始めようとする時や、性交中の痛みのことです。
膣入口の痛みと、奥の痛みがあります。膣入口の痛みの場合、膣の乾燥が主ですが、中には子宮内の病気や感染症の場合があります。また、奥の痛みの場合は、深刻な婦人科疾患や骨盤内の腫瘍などの場合があります。

性交痛の症状

性交痛の痛みは主に2つに分けられます。
1)腟の入口付近の性交痛
   ⇒腟炎や外陰炎の可能性

2)腟の奥の性交痛
   ⇒子宮内膜症や骨盤内感染症などの可能性


痛みには擦れるような痛みから、鋭く締めつけるような痛みなど様々です。骨盤筋が硬く締まる傾向があれば、入り口部分であれ、奥の部分であれ、痛みが増します。

炎症や感染症にかかっていることもありますので、挿入時の痛みと割り切らず、長く続いたり、堪え難い痛みである場合は、早目に婦人科に相談に行きましょう。
自分に似た症状から医師のアドバイスを探そう医師が伝える!コラムから性交痛を知ろう他の人も悩んでた!「性交痛」の体験談から学ぼう

性交痛の原因

・ 前戯が不十分である場合
前戯が足りないため潤滑が不十分のまま挿入されると、摩擦が生じて痛みが生じる場合があります。ただし妊娠中や産後は女性ホルモンが不安定であり、膣が濡れにくくなることがあります。

・炎症や感染症
外陰部、膣、膣両側にある分泌腺の炎症や性器ヘルペス、尿道の炎症やの感染症でも痛みが生じる場合があります。

・体質/環境
生まれつき膣が狭い、外陰部や膣に傷がある、恥骨・骨盤がズレている、子宮奇形など先天的な異常により痛みがある場合があります。またラテックスアレルギーのある人は、コンドームが合わず、痛みが生じていることが考えられます。

・精神的なもの
レイプなどの性交渉に対する恐怖感や、セックスパートナーへのマイナス感情、妊娠に対する恐怖など、少しの感情の揺れで痛みを感じることもあります。

みんなも悩んでる?医師のアドバイスを探そう医師直伝!コラムから性交痛を知ろう自分だけじゃない!「性交痛」の体験談を見てみよう

性交痛の予防/治療法

前座を十分にし、膣が潤滑している状態で挿入する、またローションなどの潤滑液を使用するのも対策の一つです。


ローションの使用の際には、ワセリンや油性の潤滑剤よりも、水性の潤滑剤の方が適しています。また、麻酔軟膏を塗ってみるのも有効です。
濡れにくい場合には、エストロゲンを服用するのも一つの方法のようです。

深部痛に関しては、性交の体位を変えてみるのも一つの方法です。例えば、女性が挿入を制御しやすい騎乗位などがあげられます。

女性の身体はデリケートなので、性交渉に対して恐怖感を植え付けないことが一番大切です。しかし、性交渉のあるなしに限らず、知らないうちに感染症になっている場合もあります。その場合は、恥ずかしがらずに、一度、婦人科の診断を受けてみましょう。

自分に似た悩みから医師のアドバイスを探そうコラムから性交痛を知ろう「性交痛」の体験談から学ぼう
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

性交痛の相談

性交痛に関するコラム