乾癬性関節炎かんせんせいかんせつえん

カテゴリ
運動器系の病気
膠原病や原因不明の全身疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

乾癬性関節炎とは

乾癬性関節炎とは、乾癬を併発する関節炎です。乾癬とは、周囲との境界がはっきりした紅斑で、銀白色の鱗屑を伴います。関節リウマチにも似ていますが、リウマトイド因子は陰性となります。30代から50代での発症が多く、発生率に男女差はありません。

乾癬性関節炎の症状

乾癬性関節炎では、関節の痛みや腫れが起こります。腱のつけ根が傷むこともあります。乾癬は、肘や膝の伸側、頭皮、耳、仙骨上部などに多くみられます。爪のくぼみや変形などが現れる場合もあります。
  
関節炎と乾癬は、共に進行するわけではありません。乾癬が発症してから関節炎に至る場合が多いですが、同時に進行する場合や、関節炎が先行して発症する場合もみられます。
  
関節炎は、その症状によって、いくつかのパターンに類別されます。左右非対称で、少数の関節に炎症が起こるもの、多くの関節が炎症を起こす、リウマチに似ているもの、指先などに多くみられる、重い変形がみられるもの、仙腸関節や脊椎が変形するものです。

乾癬性関節炎の原因

乾癬性関節炎の原因は、今のところ明らかになっていません。免疫の異常とする説が一般的です。また、遺伝の影響や、環境の影響なども考えられます。
  
乾癬性関節炎の診断は、乾癬症状の有無とX線撮影の画像によります。血液検査では炎症反応がみられますが、リウマトイド因子は陰性で、とりたてて特徴的な変化はみられません。X線画像では、関節に、骨破壊と骨の増殖が同時にみられることが特徴となっています。関節リウマチや変形性関節症でないことがわかれば診断できます。
  
乾癬を発症している患者の5%から10%にみられ、関節リウマチと比べれば、予後は比較的良好です。

乾癬性関節炎の治療法

乾癬性関節炎の治療については、非ステロイド性鎮痛消炎薬を使用しますが、症状によっては副腎皮質ステロイド剤を使用することもあります。スルファサラジンやメトトレキサートなどの抗リウマチ薬も、関節炎に効果があるとされており、使用されています。
  
乾癬が改善されると、関節炎の症状も改善される場合があり、関節炎の治療に並行して乾癬の治療も実施されます。関節破壊がひどい場合は、関節固定や人工関節への置き換えなども行われます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください