副鼻腔真菌症ふくびくうしんきんしょう

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

副鼻腔真菌症とは

副鼻腔真菌症とは、アスペルギルスなどの真菌が原因となり、粘膜で覆われた空洞部分である副鼻腔が、炎症をおこす症状のことをいいます。症状は、片側のみに起こることが多く、膿の混ざった黄色や緑色の鼻水がでます。鼻水は、悪臭と粘り気があるのも特徴です。

副鼻腔真菌症の症状

副鼻腔真菌症の症状として、まずあげられるのは、炎症に伴っておこる鼻水や鼻づまりの症状です。
  
症状は、左右どちらか片一方におこることが多く、初期の段階では、水っぽく無色ですが、膿を含んでいるため、次第に粘り気がでて、悪臭を伴います。色も、無色ではなく黄色や緑がかった色です。炎症が原因で鼻から出血がみられる場合もあります。
  
そのほか、鼻づまりからくる頭痛や顔面通、嗅覚の低下、頬のあたりにおこる圧迫感です。症状が進むと眼や脳にまで炎症が進むこともあり、その場合には、激しい高熱や視力の低下、眼球の突出などが起こることもあります。

副鼻腔真菌症の原因

副鼻腔真菌症の原因は、鼻の粘膜に覆われた空洞部分である副鼻腔に入り込むカビ(真菌)です。カビは、日常でいたるところに存在するカビがほとんどで、なかでもアスペルギルスが原因の場合が多くあります。その他にも、カンジダなども原因となります。
  
日常的に存在しているカビが原因ですが、誰でもが簡単に炎症をおこすわけではありません。免疫不全がある人や、体の抵抗力が落ちているご高齢の人、抗生物質やステロイド剤、免疫抑制剤などをつかっている人に炎症が起こりやすいのです。そのほかに、糖尿病や悪性の腫瘍、カビに対するアレルギーがある場合もカビによる炎症が起こりやすいといえます。

副鼻腔真菌症の治療法

副鼻腔真菌症は、カビが副鼻腔について炎症を起こす病気です。特に、抵抗力が低い時に起こりやすいので、日頃から免疫力、抵抗力を高めておくことが予防には不可欠です。バランスの良い食事に適度な運動と睡眠をとり、ストレスをためずに過ごすことが大切です。
基礎疾患がある場合は、そちらの治療をしっかり行うことも大切です。
また、風邪がはやっている時期など、気になる季節の外出時にはマスクをするのも効果的です。そのほか、塩水などを使った鼻うがいをして、ウイルスやカビなどを洗い流すのも予防になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください