環状紅斑かんじょうこうはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

環状紅斑とは

環状紅斑とは、皮膚に輪状や環状をした赤い斑ができる症状です。一度症状が治まっても、月日が経ってから再発を繰りかえすこともあります。

膠原病や感染症、がんなどに関連して起こる場合がありますが、原因不明のこともあります。

環状紅斑の症状

最初は小さな紅斑として皮膚に発生して遠心状に拡大し、それと同時に紅斑の中心部分は消えてなくなり、環状の斑点ができます。数時間程度で広がるもの、木目状のもの、かゆみを伴うもの、伴わないものなど、症状の現れ方はさまざまです。また、多発する場合は、連なったように紅斑ができることもあります。  

環状になることもある、乾癬、体部白癬、蕁麻疹などとは区別されます。

環状紅斑の原因

環状紅斑は、基礎疾患や症状の現れ方により、以下の種類に分けられます。

・遠心性環状紅斑
・リウマチ性環状紅斑
・匍行性迂回状紅斑
・壊死性遊走性紅斑


遠心性環状紅斑は、原因不明とされています。しかし、扁桃炎や虫歯などの慢性感染病巣、内蔵の悪性腫瘍が関係していることもあると考えられています。リウマチ性環状紅斑は、リウマチ熱原因と言われています。匍行性迂回状紅斑は、内臓の悪性腫瘍に起因する場合が多く、他には全身性エリテマトーデス(SLE)などの膠原病が原因とされます。ただし、基礎疾患が伴わない場合もあります。壊死性遊走性紅斑は、グルカゴノーマを伴うものです。

環状紅斑の治療

遠心性環状紅斑の場合は、ステロイドや抗ヒスタミン薬が処方されます。基礎疾患がわかる場合には、その治療も行います。リウマチ性環状紅斑の場合は、抗菌薬などでリウマチ熱の治療をすることで紅斑は消失します。
  
匍行性迂回状紅斑の場合は、基礎疾患の治療を行います。内臓の悪性腫瘍が原因となっている場合は、その治療を行うことで、紅斑は消えていきます。壊死性遊走性紅斑の場合は、基礎疾患であるグルカゴノーマの治療を行います。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください