腸炎ビブリオ食中毒ちょうえんびぶりおしょくちゅうどく

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腸炎ビブリオ食中毒とは

腸炎ビブリオ食中毒は、数ある細菌性食中毒の中でも、多くの日本人が感染するものとして知られています。特に、梅雨の時期には腸炎ビブリオ食中毒の患者数が増えることが例年の傾向とされ、各医療機関においては手洗いや食材の調理の仕方などの予防に向けた啓発活動が行われています。

腸炎ビブリオ食中毒の症状

腸炎ビブリオ食中毒の症状としては、個人差があるものの、一般的には激しい下痢や嘔吐、腹痛などがみられ、時には発熱や頭痛などが伴うことが挙げられます。
特に、下痢や嘔吐の症状が激しい場合には、水分をこまめに摂取することが大きなポイントとなっています。ただし、改善が見られない場合には、すぐに医療機関を受診することが勧められています。
また、腸炎ビブリオ食中毒の症状は、発症者の年齢や免疫力などに影響することが多いといわれています。そのため、子供やお年寄りなどの治療には、十分に気を配ることが重要です。最近では、インターネットなどを利用して、簡単に腸炎ビブリオ食中毒のセルフチェックができるようになっています。

腸炎ビブリオ食中毒の原因

腸炎ビブリオ食中毒の原因としては、鮮度の落ちた魚介類を摂取することが挙げられています。
特に、高温多湿の環境において、まな板などの洗浄を怠っていることによって、瞬く間に細菌が繁殖するといわれています。これまでのところ、腸炎ビブリオ食中毒の原因となる魚介類の種類までは、上手く特定されていませんが、刺身などの調理をする際には、何よりも鮮度を重視して、作業を速やかに終えることが望まれています。
ここ数年の間では、腸炎ビブリオ食中毒の原因について、様々なメディアなどでも取り上げられることが増えているため、日ごろからきちんと対策を立てることが望まれています。例えば、魚介類の選び方についてこだわることによって発症を抑えることにもつながります。

腸炎ビブリオ食中毒の治療法

腸炎ビブリオ食中毒の予防をするためには、出来る限り清潔な環境で調理をすることが求められています。
また、食材を冷蔵庫や冷凍庫などで保管をする際には、温度管理を重視することによって、細菌の繁殖を抑えることがとても有効です。その他にも、調理をする人の人数を減らすことも大きな予防策として捉えられています。
最近では、腸炎ビブリオ食中毒をはじめとする、食中毒の原因菌を除去することができるハンドソープなどが販売されていることも良い傾向とされます。今後も、腸炎ビブリオ食中毒の予防に向けた活動を日常的に意識することが大切です。
治療は補液も含めた対症療法となります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください