ジアノッティ病じあのってぃびょう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ジアノッティ病とは

ジアノッティ病とは、ウイルスの体への感染により、手足や顔に各種の発疹が現れる病気です。B型肝炎ウイルスに感染した場合に、肌に丘疹などの異常を生じるようになります。ジアノッティ病は、主に幼小児期に見られる病気です。また、サイトメガロウイルス、あるいはコクサッキーウイルスなどで同様の症状を呈することがあります。これはジアノッティ症候群と呼ばれています。

ジアノッティ病の症状

ジアノッティ病により引き起こされる症状としては、手足の伸側や顔の左右の頬の部分に、発疹の病状が生じます。発疹に伴い、かゆみが伴うこともあります。またさらに、微熱を生じたり、あるいはリンパ節が腫れるといった病状を示すようになります。
また、ジアノッティ病を引き起こしている原因のウイルスがB型肝炎ウイルスである場合には、肝臓の機能の低下によって、黄疸や肝臓の腫大といった病状を現します。こうした病気の病状は、安静にして食事に気をつけることにより、およそ1ヶ月程度で自然に治まってくる傾向にあります。ただし、B型肝炎ウイルスに感染して病状が起こっている場合には、後に慢性肝炎に移行し、肝炎に関する各種の病状を示すようになります。

ジアノッティ病の原因

ジアノッティ病が起こる原因には、ウイルス感染による免疫反応があります。この病気を引き起こす要因としては、B型肝炎ウイルスやサイトメガロウイルス、さらに、コクサッキーウイルス、マイコプラズマなどのウイルスがあります。しかし、実際に体に発疹などが生じる時点では、既に体内から原因のウイルスが消失していることが多いです。ウイルスの感染により免疫の反応が起こることにより、肌に発疹が起こる原因があります。
こうした免疫反応による発疹は、病原ウイルスに対する免疫を持つようになったことを示しているため、ウイルスは体内から自然に消失し、さらに肌の発疹についても1ヶ月程度で消えます。肝機能の障害が現れている場合には、B型肝炎ウイルスの感染が要因となっている場合が多いです。

ジアノッティ病の治療法

ジアノッティ病に対する予防方法としては、原因となるウイルスの感染を避ける事が重要です。そのため、衛生環境を改善し、体調を整えることが必要になってきます。
ジアノッティ病にかかったとしても、既にウイルスは消失していることが多く、また肌の異常についても自然に治癒することがほとんどであることから、深刻に捉える必要はありません。ただし、B型肝炎ウイルスの感染が疑われる場合があるため、肝機能の検査を実施することが必要です。肝機能障害の病状が表れていないかどうかや肝臓の状態について、チェックすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください