若年性黒色腫じゃくねんせいこくしょくしゅ

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

若年性黒色腫とは

若年性黒色腫とは、顔面などの皮膚にほくろのような黒い斑点ができる疾患です。特に小児にできやすいのが特徴で、ほくろと酷似していますが、ほくろよりもやや色が薄く、表面が滑らかで円形や楕円形の形をしていて、盛り上がっているのが特徴です。悪性黒色腫に症状が似ているため、病理検査により確定診断が必要です。

若年性黒色腫の症状

若年性黒色腫は、小さい子供の顔面に発生しやすく、ほくろのようなものがあらわれて急速に成長して大きくなってゆきます。

ほくろとは若干色合いが異なり、淡紅色や褐色で腫瘍の周囲は赤みを帯びることがあります。形状は円形や楕円形で若干盛り上がった状態になります。腫瘍の出現した周辺は、皮膚が敏感になるため出血しやすいという症状になります。

メラノサイトの異常が原因となるため、病変部が色素沈着しやすい状態にもなっています。診断は、皮膚が黒色へ変化する特徴的な変異があるため、見た目で判断することが多いですが、悪性黒色腫と症状が似ているため、外科的切除を行い組織を採取して、病理検査を行い確定診断を行う必要があります。

若年性黒色腫の原因

若年性黒色腫の原因の一つとして挙げられるのが、紫外線です。太陽光線にも紫外線が含まれていて、日光浴などによる過剰な日焼けなどを行うと、発症率が高まるといわれています。
また、皮膚に対する刺激なども発症要因の一つとなります。たとえば、ほくろを取るためにレーザー処置など、焼くような処理を行うと、発症する可能性が高まるといわれています。
メラノサイトの異常が原因とされているため、メラニンを作る機能を持っているメラノサイトが増加すると発症率が高くなるといわれています。
若年性黒色腫の症状が出た場合は、悪性なのか良性なのか判断しなくてはいけないので、視診だけではなく、患部の組織の一部を採取して生検検査を行うのが一般的です。

若年性黒色腫の治療法

若年性黒色腫の発生原因としては、紫外線が有害とされています。よってその予防方法は紫外線に長時間当たることを防ぐことにあります。
日常生活において、肌の露出を防ぐことなどが挙げられ、特に若年性黒色腫の場合は顔に疾患が出ることが多いので、帽子を着用させて顔に日差しが当たらないように注意することが必要です。また、ベビーカーなどを使用する際も、直射日光があたらないように日よけを上手に使用することが重要です。帽子や日よけについては、UVカットの機能があるものを使用することが重要になります。
また、日光にあたる時間の管理もおこない、過度に長時間日光に当たらないようにすることが必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください