汗疱かんぽう

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

汗疱とは

汗疱は「異汗性湿疹」とも言われており、手のひらや足の裏や指などに小さな水泡が現れるものを指します。水虫に間違えられることがありますが、汗疱は感染の心配はありません。

汗疱の水ぶくれが破れると汗疱状湿疹の状態となり、痛みやかゆみが出ることがあります。

汗疱の症状

汗疱は、透明な液体の入った水疱が、指の側面を中心として多数現れることから始まります。しばらくすると、水疱同士が結合し、大豆ほどの大きさになることもあります。
  
初期段階は、かゆみを伴います。時間が経ち、湿疹化することで、水疱の周囲が赤くなり、痛みを感じることもあります。時間とともに小さな水疱が吸収され、鱗屑となって剥がれていきます。水疱がつぶれると、強いかゆみや痛みを感じます。掻いてしまうと、皮が剥けて化膿することもあります。

汗疱の原因

汗疱は、夏場に汗をよくかく人に多いとされています。そのため、間接的に汗が影響していると考えられていますが、はっきりした原因は明らかになっていません。
  
また、金属や食べ物に対するアレルギーや、喫煙も原因のひとつとなっています。さらに、自律神経失調症やストレスによって、症状が悪化することもあります。また、ビオチン欠乏症も汗疱につながります。皮膚の形成に必要なビタミンであるビオチンが欠乏した結果、皮膚に異常が起こりやすくなるのです。

汗疱の治療

汗疱の症状が悪化している場合は、ステロイド外用剤を使用したり、抗ヒスタミン薬を内服したりします。金属に対するアレルギーが原因となっている場合で、歯に金属が入っているときは、入れ替えも予防として効果的です。

汗疱の予防

汗疱を防ぐためには、汗をかきにくい環境にするため、高温多湿を避け、部屋の除湿を行ったり、風通しをよくしたりする必要があります。手の指側面にできる場合が多いため、ハンカチを持ち歩き、手の汗をこまめにふき取るようにしましょう。大量に汗をかいた際は、手を洗って汗を洗い流すようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください