蒙古斑もうこはん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

蒙古斑とは

蒙古斑とは、先天性の青いあざで、おしりから背中にかけて見られます。通常は3〜5年たつと自然に消えていきます。有色人種ではほぼ100%にみられます。黒人ではみえませんが80?90%に見られ、白人でも5%程度みられます。

蒙古斑の症状

蒙古斑は先天性のあざで、出生時から現れます。隆起がなく、青みを帯びた黒色をしており、人によって濃淡の程度には差があります。
ほとんどの場合は、中心部が濃い色になっており、境界線付近は薄くてはっきりしないのが特徴ですが、なかには濃色型とよばれ、ほくろのように濃いものもあります。
お尻や背中、腰のあたりに出現することが多く、日本の新生児の約9割にみられます。黄色人種に多い症状です。四肢や上半身に現れることもあり、異所性蒙古斑と呼ばれ、通常のものより消えにくい特性をもっています。なかには成人しても残ってしまうケースもありますが通常は10歳頃までには消失します。

蒙古斑の原因

蒙古斑の原因は、真皮メラノサイトです。真皮メラノサイトはメラニンを作り出す細胞で、表皮へ移動する際に、手前の真皮に留まることで蒙古斑が現れます。
真皮メラノサイトは、赤ちゃんの神経細胞を生成するため、腰の周辺で活発に動く特性があります。そのため、腰の周辺に蒙古斑が現れることが多いのです。男性と女性の出現率はほとんど同じです。
真皮メラノサイトは、シミやそばかすの原因にもなるため、気になるという人も多いようですが、体にとっては必要なもののため、心配は必要ありません。

蒙古斑の治療法

蒙古斑は先天性のもののため、予防は不可能です。10歳前後を目安に消失していくため、それまでは治療の必要もありません。
成人しても残っている場合や、異所性蒙古斑をコンプレックスとしている場合などには、レーザー治療が可能です。特に有効なのは、Qスイッチレーザーです。異所性蒙古斑の場合は、保険の適用範囲内です。
1度の照射で完全に消すことは難しく、継続的な治療が効果的なため、時間的な余裕への配慮も忘れてはいけません。照射の回数は、蒙古斑の範囲によって異なります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください