胃ポリープいぽりーぷ

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃ポリープとは

胃ポリープは、胃粘膜上皮の細胞が異常に増殖したことによって、胃の表面に突出したもので、腺腫性ポリープ、過誤腫性ポリープなどいくつかの種類があります。

胃ポリープの症状

胃ポリープはほとんどは自覚症状がありませんが、まれに上腹部の不快感や痛み、吐き気などを伴うこともあります。
胃ポリープには、「腺腫性ポリープ」、「過形成性ポリープ」、「胃底腺ポリープ」があります。
腺腫性ポリープは通常、2cm以下の褐色または灰白色調の扁平隆起病変です。2cm以上のものはガン化することがあります。
過形成性ポリープはまれにガン化することもありますが、経過観察で問題ありません。出血やびらんを伴い貧血の原因になることもあります。
胃底腺ポリープは胃の上側にできやすいポリープで、色は周辺粘膜と同じです。数ミリ程度のものが数個単位で発生し、増えたり減ったりしますが、経過観察も必要ありません。

胃ポリープの原因

胃ポリープの原因は種類によって異なります。ピロリ菌に感染すると「胃底腺ポリープ」はなくなり、「腺腫性ポリープ」、「過形成性ポリープ」ができてくることがあることより、ピロリ菌との関連が示唆されていますが、「胃底腺ポリープ」は女性ホルモンとの関係も考えられています。

胃ポリープの治療法

ピロリ菌感染が疑われる時は除菌治療を受けることが「腺腫性ポリープ」、「過形成性ポリープ」の予防法となりますが、ポリープが大きい場合は内視鏡で切除する方が手っ取り早いです。
胃炎がある場合は胃炎を治すことも胃ポリープの予防につながりますので、普段から食生活や生活習慣に気をつけ、ストレスを溜めないようにし、規則正しい生活を心がけましょう。ストレス解消には適度な運動も効果的です。
食事時間に注意し、よく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。香辛料などの刺激物や強いアルコールを取り過ぎないようにし、胃に負担がかからないようにすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください