急性腹膜炎きゅうせいふくまくえん

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性腹膜炎とは

急性腹膜炎とは、胃腸などの腹部にある臓器を覆っている腹膜に炎症が起こる病気です。急激な腹痛が生じます。

炎症が一部に起こった場合は「限局性腹膜炎」、腹膜全体に起こった場合は「汎発性腹膜炎」と呼びます。特に汎発性腹膜炎は、消化管穿孔などが原因となるため緊急性を要する状態です。

深夜に発症しても朝まで待つようなことはせず、すぐに受診してください。

急性腹膜炎の症状

急性腹膜炎の主な症状は、急な腹痛です。まずは局所的な痛みから始まる場合が多く、次第にお腹全体に強い痛みが現れます。そのほかに、悪寒や発熱、嘔吐などが現れる場合もあります。
  
お腹を触ると硬いのも特徴で、激痛を伴います。また、炎症が進んでしまうと、脱水症状がみられるようになります。意識混濁が始まり、昏睡状態に陥ります。悪化するとショック状態を起こし、命にかかわることもあるため早めの治療が大切です。

急性腹膜炎の原因

腹膜とは、腹部にある臓器を包んでいる薄い膜のことです。急性腹膜炎は、もともとは無菌状態である腹膜が、外傷や病気などが原因で細菌などに感染することで発症します。

急性腹膜炎を引き起こす病気は、さまざまです。胃や十二指腸の潰瘍、急性虫垂炎、憩室炎、腸閉塞、がんなどによる大腸穿孔などで起こる場合があります。
  
急性すい炎や急性胆のう炎なども原因となる場合があります。特に重症の急性すい炎や胆のう炎などの場合は、急性腹膜炎も重症化するケースがあります。

急性腹膜炎の治療

なにかしらの病気が原因で起こる急性腹膜炎は、まずは原因となる病気の治療をすることが重要です。限局性腹膜炎の場合は、抗菌薬で治る場合もあります。

病態によって異なりますが、緊急手術で感染部分の除去や洗浄などが必要になることがあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください