胃が痛いときの原因は症状でわかる 胃痛セルフケアを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

最近、胃が痛いという人は必見です。

胃の痛みは急に痛くなる事が多く、だらだらと痛かったり、我慢できないほどの痛みだったりと症状は様々です。

ここでは胃が痛い原因と対処法を見ていきます。

胃が痛いときの考えられる原因と症状とは

胃が痛いときには、その症状に応じて原因があります。忙しいとき、大きな悩みやストレスがあるとき、空腹時、逆に食後にも胃が痛くなることがあります。胃が痛くなる原因とは何でしょうか。 以下に考えられる原因を挙げてみましょう。

過度なストレスが原因の場合


胃が痛いときの大きな原因として挙げられるのが、ストレスだとされています。過度な精神的ストレスが胃に悪影響を与えます。

仕事の忙しさや労働環境、住居環境などライフスタイルの様々な場面でのストレスが大きくなると、私たちの自律神経はすぐに乱れてしまいます。

自律神経は胃酸の分泌や胃の動きを制御しており、自律神経が乱れることで胃酸が必要以上に分泌され、胃粘膜を守るしくみとのバランスが崩れ、胃の粘膜が傷つくといったことが起こります。

最近、胃が痛いことが増えたなと感じるようであれば、今一度環境を見直しストレスが過度にかかっていなかったか振り返ることが大事です。自分でも心身を休めるように努めて、労わってあげましょう。

神経性胃炎、過敏性腸症候群の場合


神経性胃炎・過敏性腸症候群はいずれもストレスに大きく関係する病気ですが、これらがある場合、胃痛に加えて下痢・便秘も併発することがあります。

過食気味、食べ過ぎが原因の場合


これは、先のストレスに大きく関わりがありますが、人はストレスなどの精神的負荷がかかると飲食でストレスを発散しようとしてしまいます。

忙しさとストレスで、食べられるときに思い切り食べ、飲めるときに思い切り飲むといったように暴飲暴食をしてしまいがちです。

仕事が忙しいと、夕食の時間も遅い時間になりがちで体への負担は非常に大きくなってしまいます。また、アルコール・タバコなど刺激物も痛みの原因となります。

コーヒーやお酒、香辛料や熱い食べ物、極端に冷たい食べ物などは極力控えるようにしましょう。

なるべく飲食でのストレス解消を避け、自分なりの健康的なストレスの発散方法を見つけることが重要です。

空腹が原因の場合


空腹が原因で胃が痛いという場合には胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。

胃は胃酸から粘膜を守る仕組みがありますが、十二指腸にはそのような仕組みが手薄で、胃よりも酸に弱いと言われており、過分に分泌された胃酸によって粘膜が傷ついてしまいます。

急性胃腸炎


胃の痛みに加え、水のような下痢、止まらない嘔吐、発熱など付随症状が激しい場合、急性胃腸炎が挙げられます。

ノロウイルスやロタウイルスといったウイルス性の胃腸炎が有名です。風邪症状を伴うこともあり、「お腹の風邪」などと呼ばれることもあります。

胃がん


一般的にはがんは痛みが乏しいですが、胃の痛みに加えて胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、全身の倦怠感、吐血といった症状があると胃がんを疑う場合があります。ピロリ菌という細菌感染があり慢性的な胃炎があると胃がんの発生率が上がると言われています。

胃潰瘍


胃潰瘍の痛みは強いズキズキとした痛みがみぞおちの辺りに起こります。食事前後にこのような痛みが現れる場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。

原因としては、ピロリ菌感染に加え、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などといった薬物が胃の粘膜を傷付け、胃が溶かされることが原因とされます。

胆のう・胆道・膵臓の病気


胃以外にもみぞおちのあたりにある臓器として、胆のう・胆道・膵臓などがあります。胆のうの中にいつの間にか胆石ができていて、それが何かのきっかけで移動し、狭い胆道に詰まると、胆汁の流れが妨げられ、胆道の筋肉がけいれんして強い痛みが起こります。放置すると高熱、黄疸が起こります。脂っこいものを食べた後に、みぞおちから右わき腹に強い痛みがある場合に胆石発作を疑います。
また、膵臓に炎症や何らかの問題があると、みぞおちから背中にかけて痛みが起こります。

心臓の病気


狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気が、胸ではなくみぞおちの痛みとして自覚される場合もあります。

胃が痛いときは無理をせず専門医療機関の受診を


軽い胃の痛み、またいつもの痛みなどといって放っておかず、無理をせずに専門の医療機関を受診しましょう。

胃が痛いときの対処法とセルフケア

上記のように、胃が痛い原因は様々です。

胃が痛いときに、とにかくすぐに出来る対処法を挙げてみましょう。

静かに横になって寝る


環境的に可能な限り、横になって安静にして胃が痛いのが和らぐのを待ちましょう。食後の場合、胃の出口がある右を下にして休むと、胃の中身の流出を促すことができます。ゆったりとリラックスを心がけることが大切です。

温かい飲み物を飲む


油っこい食事や刺激物を控えて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。白湯やホットミルクが良いでしょう。

軽いストレッチと深い深呼吸をする


ゆったりとリラックス状態を心がけて、優しく体をストレッチすることと深呼吸することをおすすめします。

痛みが和らぐかどうか、様子を見ながら行ってみてください。

胃が痛いときの薬の服用はどうすればよい?

胃が痛い症状のなかでも、食べ過ぎ、飲みすぎの場合には胃腸薬が効くことが多いです。

胃腸薬のなかでも、総合胃腸薬などといったものはいずれの胃痛にも効果的とされています。

しかし、胃が痛い原因の特定が必要ですので、いつまでも市販薬に頼るのではなく、早めに専門医療機関の受診をおすすめします。

胃が痛くなる前にしておきたいこと

胃痛の大きな原因である「ストレス」を極力なくすことが重要です。ストレス原因を遠ざけることが自分の身を守ることにつながります。

環境を変える、気分転換を工夫するなど、自分に合ったストレス発散法を見出しましょう。 どういった時間を過ごせば自分がリラックスできるか把握しておくことはとても重要です。

バランスの取れた食事と良質の睡眠、適度な運動といった、健康的な規則正しい生活スタイルを心がけましょう。

生の大根に含まれるジアスターゼ、生のキャベツに含まれるビタミンUなど、消化を助ける酵素が含まれる食品をうまく取り入れましょう。

最後に医師から一言

胃が痛いときはセルフケアを行うこと、そして早めに消化器内科など医療機関を受診するように心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

胃痛について