胃が痛いいがいたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃が痛いとは

胃痛には、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの病気が潜んでいる可能性もあります。胃の痛みが続く場合は、内科や消化器内科を受診しましょう。

胃が痛むときは、まず生活習慣を見直します。暴飲暴食を避けて、ストレスは解消するようにしましょう。また、タバコは胃痛を悪化させてしまうため、禁煙も必要です。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合は、緊急で受診が必要です。
・急激に強い痛みが出た
・嘔吐したものが黒く、血が混ざっている
・胸や背中にも強い痛みがある など

胃が痛む原因と対処法

生活習慣の乱れ


ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などの生活習慣の乱れは、胃の不調につながります。

強いストレスがかかると、胃の機能は低下し、胃液の量を調節することができなくなります。そのため胃液が大量に出てしまい、胃痛を引き起こします。

暴飲暴食をすると、消化機能が追いつかなくなり、胃痛や胃もたれを起こします。また、多量のアルコールは胃にとって強い刺激になります。特に空腹時のアルコールの摂取は、胃粘膜に大きな負担を与えるため控えましょう。

胃の痛みあるときは、ゆっくり休んで生活習慣を見直しましょう。症状を和らげるために市販薬を使用する際は、薬剤師に相談してください。

病気が原因の胃痛


胃の痛みは、以下のような何かしらの病気のサインである場合があります。

・急性胃炎
・逆流性食道炎
・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
・虫垂炎
・膵炎 など


注意すべき点は、胃痛は胃の病気が原因ではない場合もあるということです。肝臓、膵臓、肺、心臓などに異常がある可能性もあります。

胃の痛みが続くようであれば、内科や消化器内科を受診しましょう。胃内視鏡検査(胃カメラ)などを受けて、原因を特定します。その後、各病気の治療を行います。

内視鏡検査で異常が見つからなかったものの、胃痛や不快感などの症状がある場合は、機能性ディスペプシアの可能性があります。内服薬を用いて、ストレス対策などをしながら、痛みを和らげていきます。

胃痛の予防

食生活の見直し


腹八分目を心がけて、暴飲暴食は意識的に控えましょう。

食事の量に気をつけるだけではなく、胃に刺激にならない食べ物を選ぶことも大切です。脂肪分が多い肉類や揚げ物、カフェイン、アルコールなど、刺激が強い物は食べすぎないようにしましょう。

また、消化不良を避けるために、就寝の3時間前には食事を済ませてください。

ストレス対策


体だけでなく、心の健康も胃痛に関係しています。日常生活の中でストレスが溜まり過ぎないよう、リラックスタイムを持つようにしましょう。

胃痛の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
一口に胃薬といっても、その種類は豊富です。なぜならば胃痛や胃の違和感といった不調の内容は、その原因によって大きく異なりますし、効果が期待できる薬も変わってくるからです。

一般的に見られる胃の症状としては、胃酸が通常よりも分泌されてしまう「胃酸過多」と、胃腸の働きが弱まるなどして、食べたものがいつまでも消化されない「消化不良」の二つがあげられます。

その二つの見分け方は、痛みが発生するタイミングの違いです。胃酸過多の症状は、「胃の中に何も入っていないために、胃酸で胃の内部が刺激されること」で発生することが多いので、基本的には食前や空腹時に発生しやすいと言われています。消化不良の症状は、「食べたものを十分に消化できないこと」で発生しやすいため、食後に症状が出やすいと言われています。

胃薬の選び方もこういった症状に合わせることが大切です。例えば、胃酸過多では「胃酸の分泌を抑える」といった治療薬と共に、痛みを抑える「鎮痛剤」などを服用すると症状が緩和され楽になります。消化不良では「胃の中にたまった食物を早く消化する手助けをする」という薬がおすすめです。症状に適さない効能のものを選んでしまうと、反対に悪い結果を招いてしまう可能性があります。また、服用方法のうち飲むタイミングについては薬の処方箋をよく確認し、過不足のないように摂取することでより高い効果が期待できるでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください