パソコンの長時間操作で腱鞘炎に…デスクワークから引き起こる病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

プログラマーやイラストレーターの方がよくなる腱鞘炎についての情報と一緒にデスクワークから引き起こされる様々な病気の情報をまとめています。

突然仕事ができなくなるリスクを回避するための情報が含まれていますので、残業をよくされている方には特に有益な情報をまとめています。

要チェック項目


□長時間のパソコンやスマホ操作が腱鞘炎の原因
□腱鞘炎の症状が出たら早めに休ませなければ仕事ができなくなる危険がある
□人によっては腱鞘炎対策グッズを使用することで対応できる

パソコン操作により起こる腱鞘炎とは

腱鞘炎とは指の付け根や手首に痛みがでる症状


パソコンをずっと使うデスクワークや長時間のスマホの使用などの影響で、手や腕を動かすために必要な腱と腱鞘という部分の隙間で炎症が起こっている状態のことを表します。

腱鞘炎になるとどうなるのか?


腱鞘炎になるとパソコンのキーボードを打つときに激しい痛みが出たり、ペンや小道具を持つときに手首に激しい痛みがでます。

ひどいものになると仕事に支障がでるほどの痛みであるため、腕や指に違和感を感じたときは、必ず早期治療を行わなければ、仕事ができなくなるリスクが発生します。

プログラマーやイラストレーターの方は注意が必要


腱鞘炎はずっとパソコンのキーボードの入力を行い続けるWebライター、プログラマーの方やペンタブを使用し何千回と線を書き続けるイラストレーターの人がかかりやすい病気です。

長時間のパソコン操作からくる腱鞘炎を改善

腱鞘炎の疑いが出たら手を休ませ温める


長時間のスマホやパソコンの操作により、腱鞘炎の可能性を感じたら、手を休めることが大切です。

手を酷使することから起こる病気ですので、手首や指を動かさないように注意する必要があります。手首用のギブスを使用することを推薦します。

仕事中にパソコンから離れることができない場合はいったん長めの休憩を取り、長めのマッサージを取り入れてください。

同時に患部温めてほぐすことが重要になります。お風呂で痛む部分をマッサージしたり、手を開いたり閉じたりして様子をみることで改善することができます。

腱鞘炎の痛みはとてもひどく突然仕事ができなくなるリスクが発生することから、これらの対応を取ったうえで痛みが引かない場合は病院での診察を早く行う必要があります。

社会での適切な対応として、違和感を感じた日には可能な限り早く帰り治療を試みつつ、痛みが引かない場合は早く会社に休むことを伝えるようにする必要があります。

デスクワークから引き起こる病気

うつ病


体を長時間動かさないことによる首の疲れは自律神経を乱す原因につながり、ストレスをたくさん感じることからうつ病を促進させます。

主に長時間のパソコンを使う毎日行うプログラマーの方がなることが多く、うつ病や精神面の負担を肉体面から取り除くためにもきちんとした姿勢での仕事と、適度な運動を心がける必要があります。

姿勢性症候群


長時間のパソコン操作で体の状態を変えずに背骨や腰に悪影響を与える姿勢が続くことにより骨の歪みがでて、体のあちこちに痛みがでることがあります。

またこのような生活はヘルニアになる原因にもなるため注意が必要です。

パソコン病


体が長時間動かないことや、目の酷使が原因で様々な自律神経失調症を引き起こすものです。首筋の神経のコリは、交感神経と副交感神経のバランスがみだれることから興奮状態になり、精神的ストレスが極度に溜まります。

長時間のパソコン操作は腱鞘炎のほかにも様々な病気を引き起こす原因になります。

腱鞘炎にならない工夫

腱鞘炎グッズを使う


パソコンで長時間マウスを使ってイラストを描く方は手首をのせるリストレストを使うことによって、手首の負担を軽減することができます。

人によっては逆に悪影響がでることがあるため、違和感を感じたり症状が悪化するようなことがあれば使用を控えてください。

様々なマウスを使う


トラックボール式のマウスやエルゴノミクスマウスなどを使うことにより、人によっては手首にかかる負担を軽減することが可能です。

職場の机の都合上、左利きなのにどうしても右にマウスを置かなければいけない人も、様々なマウスをチェックすることで作業効率を大幅に改善することができます。

パソコンでの作業効率を上げる方法

単語登録を活用する


社外文書などでよく使われる季語、プログラマーの方が多用する関数やタグなどのよく使う文章は、オリジナルでパソコンに登録しておくことが可能です。

パソコンの単語登録機能を使い「みだし」と入力して変換を押したら即座に「

」と出るような工夫をすることで使いたい単語や文章を一瞬で入力することができます。

ボタンがたくさんついているマウスを使用する


ゲーミングマウスや5ボタンマウスなど、マウスの端っこにいくつかボタンがついているものを活用することで、コピーアンドペーストなどを一瞬で行うことが可能です。

使用するものを変えるだけで仕事の作業効率上げながら、腱鞘炎の予防にもつながります。

長時間のパソコン操作は腱鞘炎にならないための工夫が不可欠

自分にあったマウスやキーボードを使う、自分の体調や症状に合わせて適度な休憩やマッサージなどを取り入れることにより、長時間のパソコン操作に潜む病気にかかるリスクを減らすことができます。

(監修:Doctors Me 医師)
  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

腱鞘炎について