腱鞘炎けんしょうえん

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腱鞘炎とは

腱鞘炎とは、腱と腱鞘がこすれることによって炎症が起きている疾患です。腱とは、筋肉の先端が骨と付着している部分のことです。手の場合、前腕の筋肉の先端が腱として、指の骨にくっついており、力を入れることで手の指を曲げ伸ばしが可能になります。

腱鞘とは、腱を包み込んでいる膜のようなものです。一般的には、この膜の中には滑液と言われる液体によって満たされていて、腱の動きがスムーズに動かすことができるようになっています。

手や指を過剰に動かすことで、腱と腱鞘がこすれる頻度が多くなり、炎症を起こしている状態が腱鞘炎です。たしかに、腱鞘炎は手や指に多いですが、腱鞘さえあれば体中のどこにでも起こる可能性があります。


腱鞘炎の症状

腱鞘炎は、以下のような症状から始まります。
・手首や指の使用中の不快感やだるさ
・手や指を動かすと、痛い
・指が腫れる

炎症がひどくなるにつれて、痛みを感じる箇所が明確になります。痛み・不快感が継続的に起こるようになると日常生活に支障が出てきます。

他にも、指を動かしている時に、カクカクと引っかかる感覚があることもあります。これは、「バネ指」といった状態の可能性が高いです。
バネ指とは、腱鞘炎がさらに進むことで起こりうる症状です。腱鞘炎において、腱鞘という膜がプクっと腫れあがり、そこに滑液が溜まってコブが作られてしまいます。指を動かす時に、そのコブが引っかかる症状です。

腱鞘炎の原因

関節部分の酷使


手首や指などの酷使が原因で、腱と腱鞘の間に摩擦が起こって腱鞘炎になります。

パソコンやスマホを酷使する仕事や作家・漫画家、ピアニストなど手を酷使する仕事をしている人、育児や家事などを行う人は腱鞘炎になりやすいです。

また、女性の場合は、ホルモンバランスが変化する妊娠・出産時や更年期などで、手や指がむくみやすく、その分だけ、腱と腱鞘がこすれやすくなるため、腱鞘炎を起こしやくなります。

他にも、ゴルフや野球、テニスなどのスポーツでも腱鞘炎になりえます。

何かの作業を長時間する場合は定期的に休みをとり、腱と腱鞘にかかる負荷を軽くすることが大切です。

腱鞘炎の治療

安静


腱鞘炎の治療としては、まず患部を安静にして負担をかけないようにします。手首や指にテーピングや専用のコルセットをするなどして固定します。

腱は、皮膚からも浅い場所にあることが多いため、炎症を起こしたばかりのときは、冷感湿布や冷却スプレーで患部を冷やすことも有効です。市販薬を選ぶ際は、炎症を抑えるインドメタシンやフェルビナクという痛み止めの成分が配合されているものがよいでしょう。購入時は、薬剤師に相談してください。

腱鞘炎が慢性化している場合は、血流をよくするために患部を温めることもあります。

手術


痛みが強い場合は、炎症を抑える効果のあるステロイド薬の注射をします。1回の注射で改善することもありますが、改善しない時は、1週間おきに4回程繰り返すこともあります。
それでも症状が改善しない、何度も腱鞘炎を繰り返すという場合は、腱鞘を切開して傷ついた組織を取り除く手術が検討されます。

手術によっては、局所麻酔で行われ、日帰りで受けることが大半です。腱鞘炎の痛みに悩んでいる場合は、手術について主治医に聞いてみましょう。

腱鞘炎の予防

腱鞘炎は、主に手首を酷使することによって発症します。そのため、普段の生活で手首に負担をかけないようにすることが予防となります。

PCやデスクワークを行う時は、休憩を挟むようにしたり、手首用のクッションを使ったりして、手首への負担を極力少なくしましょう。

ゴルフや野球などの手首をよく使うスポーツ選手やピアノなどの楽器奏者は、手首のストレッチや休憩を挟んで、酷使しすぎないようにしましょう。

また、手や指のむくみがある時は、腱鞘炎のリスクが上がります。そのような時は、手を心臓よりも高い位置にあげることで、むくみが解消されやすくなります。


腱鞘炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
腱鞘炎を発症した場合、症状を緩和させる薬として、外用薬と内服薬が挙げられています。外用薬は、湿布などの貼り薬、軟膏などの塗り薬が見受けられます。市販薬も販売されていますので、自分で購入することができます。ただし、慎重な選び方が求められますから、薬局やドラッグストアで購入する時は薬剤師に相談する方法が適しています。腱鞘炎の症状に合わせて、適切な貼り薬もしくは塗り薬を紹介してもらえるからです。症状を詳しく伝えることが大切です。尚、湿布を購入したら保管場所に気をつけましょう。直接、日光が当たらないところに保管して、密封を心がけるべきです。さらに、軟膏を手で塗った後は、きれいに指先を拭き取ることが重要です。衣類に付着しないように注意しましょう。綿棒やガーゼなどを使って、患部に軟膏を塗る方法も適しています。

また、整形外科などの医療機関で治療を受けることによって、外用薬を処方してもらえます。腱鞘炎の症状が重篤な場合は、患部に注射をする方法もあります。内服薬を処方してもらって服用する方法も見受けられますが、使い方には配慮しましょう。医師から定められた分量を守りながら、正しい回数の服用を行うべきです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください