雪目ゆきめ

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

雪目とは

雪目の発生原因で多いのは、ウインタースポーツなど雪に囲まれた場所で過ごした後、雪からの日光、紫外線の反射により、一時的にものが見えにくくなったり、かすんで見えたりする場合が多いです。対応策としては、眼鏡やゴーグルの使用で、雪からの反射光を防ぐことが効果的です。周囲だけでなく、地面(雪面)からの反射がありますので、下方向からの光を防ぐ方法を選びましょう。また、雪だけでなく、太陽光が反射するような場所、例えば、アスファルト道路に囲まれた歩道や、湖水での釣りなどで雪目の状態になることもあります。紫外線の量によって色が変わるサングラスや、濃色のレンズに反射材を塗布したものなどで対応することができます。

症状

雪目は長時間直接紫外線に角膜がさらされることにより発生する目の炎症症状です。
通常雪目は、すぐには症状が現れません。紫外線を浴び角膜が傷つき数時間経過してから、症状が出ることが一般的です。直接紫外線を浴びなくても、反射して目を傷つけ症状が出ることもあるのです。目が炎症反応を起こすと、初期には角膜の充血や目がゴロゴロするといった症状が出ます。また目がゴロゴロするために目がシバシバする、また涙が出たり、目やにが出ることもあります。また角膜が傷ついた状態であるために、目が痛い、まぶしさを強く感じるといった人も多いです。痛みが強い人は立っていられないほどの痛みを味わうと言います。そのまま経過してしまうと眼病を併発し、手術が必要になる場合もあるのです。
もし症状がある場合は、曇りの日でも紫外線はあるので、症状が出ている間は目の保養が必要です。そのまま屋外で紫外線を考慮することなく酷使すると、炎症反応はひどくなる可能性もあります。
一般的に高地の場所は紫外線が強いということは知られています。そのような場所は短時間であっても角膜を傷つけ炎症を起こす可能性が高くなるので、紫外線を浴びる時間にも注意が必要です。


医師からのアドバイス


冬場は紫外線対策を油断しがちですが、夏よりもずっと対策が必要なんです。目の日焼けしてしまったらどうすればいいのか対策を見てみましょう!
冬の紫外線は夏より危険!「雪目」って何?


原因

雪目は正式には「雪眼炎」と呼称します。ウィンタースポーツや登山などを行う際に長い間に渡って雪を見続けるのが原因で発症します。強力な紫外線を目の角膜部分に長時間浴び続けたために角膜に障害が起こり、その結果として炎症が発生した状態になるのです。夏場には紫外線による肌の日焼けに気をつけますが、冬場の雪山でも同じように紫外線によって目の角膜が日焼けしてしまうのです。
雪目の原因は端的に言って強い紫外線ですが、冬の雪山は夏の砂浜より紫外線を三倍以上の確率で反射していますので、目には雪山のほうが大きなダメージを与えると考えるべきです。特に山が一千メートル高くなると紫外線の量は十パーセント増加すると言われていますし、新雪の紫外線反射率は八十パーセントにも及びますので、山の高度や雪の降り方や積もり具合にも注意が必要です。
雪目は紫外線が目に当たって十時間程度の時間が経過してから痛みだすケースが多く、日中は全く問題が無かったのに夜になって急に目が充血したり痛んでくることがほとんどです。初期の段階で適切な処置をとらないと症状が悪化し、手術に至るケースもあります。冬山でレジャーを楽しむ際はサングラスやゴーグル等で目を保護するよう注意しましょう。

予防・治療法

雪目を予防するためには、紫外線を避けるためにUVカットのサングラスや、ゴーグルを使用することが効果的です。スキーやスノーボードなどで雪山に行く時は、忘れずに用意しましょう。また、海面による紫外線の反射も雪山と同様に注意が必要なので、海に行くときも着用するようにしましょう。サングラスをしていても、長時間紫外線を浴び続けることは刺激になるため、室内での休息時間もとるようにします。
応急処置の方法としては、市販の鎮痛剤を服用したり、保冷剤などで目を冷やします。角膜が傷ついている状態なので、目をこすったりしないように気をつけます。病院での治療方法としては、まず点眼麻酔薬によって痛みをとります。感染予防のために、抗生物質や角膜保護薬の眼軟膏をいれ、眼帯、冷湿布などを行います。
ほとんどの場合、症状は一晩で収まり、長くても数日で軽快します。しかし、重度になると、激しい痛みを感じたり、目が開けられないほどの状態になります。痛みや刺激症状が強い場合には、緊急外来での処置をうけるとよいでしょう。
雪目は慢性化しやすい症状のため、予防を心がけます。必ず治る病気のため、なってしまった場合も慌てず応急処置をするようにします。

雪目の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
雪目を発症した場合には、症状に合わせて医薬品を選ぶことが大事です。適している医薬品として、点眼薬や軟膏、内服薬が見受けられます。また、眼帯や湿布を用いるケースもあります。もしも選び方が不明な時は、薬剤師や医師に相談する方法がおすすめです。薬局やドラッグストアには薬剤師が在籍しています。症状を説明して、自分に合う医薬品を紹介してもらいましょう。点眼薬および軟膏は目につけますから、慎重な使い方が求められます。手や指を清潔にしてから使うべきです。また、点眼薬や軟膏が肌に付着した場合には、ただちにガーゼやティッシュで拭き取りましょう。さらに、雪目が原因となって疼痛を取り除くことができない時は、医師の診察を受けてから内服薬を処方してもらう方法が適しています。症状に合わせて内服薬を処方してもらえますので、痛みについて詳しく説明することが重要です。雪目の症状を緩和するために眼帯や湿布を使う時は、衛生面において気をつけるべきです。汚れが付着した眼帯や湿布は症状を悪化させます。複数の眼帯や湿布を用意しましょう。さらに、湿布は冷たい状態を保つことがふさわしいので、ぬるく感じられたら交換することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください