咽喉頭異常感症いんこうとういじょうかんしょう

カテゴリ
のどの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

咽喉頭異常感症とは

咽喉頭異常感症とは、のどや食道の違和感を感じても、検査では異常を認めない状態のことです。近年、咽喉頭異常感症に悩まされている人の数が全国的に増加しており、とりわけ耳鼻咽喉科が取り扱う疾患の中でも非常に大きな割合を占めています。
ここ数年の間では、咽喉頭異常感症についての治療法が徐々に確立されてきているために、名医の在籍している医療機関を受診することが望まれています。

咽喉頭異常感症の症状

咽喉頭異常感症の症状としては、喉が詰まったような感覚が長い間継続したり、食べ物を飲み込んだ時に痛みが出るなどが挙げられます。
また、四六時中喉の異変にとらわれることがあるために、日常生活を送る際にも支障が出るリスクも高まります。
この疾患が疑われる症状を自覚した場合には、速やかに各地域の中の耳鼻咽喉科を頼ることが良いとされます。
たとえば、インターネット上の口コミサイトなどでは、咽喉頭異常感症の治療に詳しい病院やクリニックに関する情報が取り上げられており、日ごろからチェックをしておくことが望まれています。咽喉頭異常感症は、早期に解決をすることによって、生活上の身体の悩みをできる限り解消できることが知られています。

咽喉頭異常感症の原因

咽喉頭異常感症の原因については、医学が発展している現在においても不明なことが多いと言われています。
特に、最近ではストレスの多い中で仕事や家事をする人が増加していることもあり、精神的な面からこの疾患を発症する人が目立っています。
その場合には、耳鼻咽喉科の受診はもちろんのこと、心療内科や精神科などの医師にも指示を仰ぐことが良いとされています。
たとえば、咽喉頭異常感症は、ヒステリーなどとも大きな関連性が疑われているために、精神安定剤などを飲み続けることによって、徐々に症状が和らぐことも少なくありません。また、咽喉頭異常感症の原因には、ストレスや精神疾患などの他にも炎症性のものがまれにみられるために、正確な診断を得ることが重要です。

咽喉頭異常感症の治療法

咽喉頭異常感症の発症を予防するためには、ストレスや疲れを定期的に発散することが何よりも重要です。
また、無理のない生活習慣を心がけることが望まれており、日ごろから食生活や睡眠時間などに配慮をすることが良いとされます。
特に、咽喉頭異常感症を発症する人は若年層から中年層の女性に多いと言われていますが、日ごろの悩みを家族や友人などに打ち明けることによって予防効果を期待できます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

咽喉頭異常感症の相談

咽喉頭異常感症の体験談

  • 咽喉頭異常感症と診断されました。

    28才の咽喉頭異常感症体験談

    咽喉頭異常感症と診断されたのは、丁度私が28才の時でした。 2週間位前から喉に異物感があり、唾をのみ込んだ時などに異物感が大きくなりました。 食事をしている時や、飲み物を飲んでいる時には、喉の異物感はあまり感じなかったのです。今まで、こんな事になった事がなかったので、すごく不安になりました。続きをみる

咽喉頭異常感症に関するコラム