鎖骨骨折さこつこっせつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鎖骨骨折とは

鎖骨骨折とは、体幹前方で肩帯を構成するS字型の細長い骨である鎖骨が外圧などにより変形、亀裂、破壊、欠損した状態のことです。骨折している部位に痛みを伴います。一般的には鎖骨を整復固定維持し自然治癒を図りますが、手術が必要なケースもあります。出産時の合併症として新生児に見られる場合もあります。

鎖骨骨折の症状

骨折した鎖骨部分の痛みや腫れが起こり、肩を動かすと痛みが強くなります。
また、骨折した側の肩幅が狭くなり、骨折した部位に皮下出血などが起こることもあります。
また、鎖骨の内側が筋肉によって上方に引っ張られ、外側は腕の重みにより下方に引き下げられるため、肩帯に変形がみられることもあります。

鎖骨骨折の原因

鎖骨骨折は、自転車などからの転倒で多く、肩を下にしたり手を伸ばして転倒して、手や肘や肩、鎖骨部位などを地面などについた時に、その衝撃による力が鎖骨に伝わって発生することが多いです。

鎖骨骨折の治療法

治療は、重なり合って短縮した骨片を整復し、八字帯固定法や、鎖骨バンドなどで固定する保存的治療が行われ、痛みに対して鎮痛剤などが行われます。
骨片が多かったり開放骨折の場合などは手術が行われます。

予防として、転倒防止のため、特に高齢者では住居内の段差対策を行ったり、日頃から適度な運動などを行い、注意をすることが大切です。また、運動時の転倒の際など、受け身を知っておくことが予防になります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

鎖骨骨折の相談