鼻骨骨折びこつこっせつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻骨骨折とは

鼻骨は薄い骨であるため、弱い力でも比較的簡単に折れやすい骨です。スポーツや事故などの際に発生することが多く、治療は折れた骨を元の位置に戻すことになります。

鼻骨骨折の症状

鼻骨骨折はほとんどの場合、鼻出血を伴います。鼻の形状は鼻骨によって支えられていますから、骨折すると鼻の変形も見られます。変形は多くの場合「く」の字型で起きますが、鼻筋が斜めに傾いたり、鼻の付け根部分が陥没したりといったケースもあります。
  
ただし、すぐに鼻は腫れはじめてしまうため、すぐに鏡を見ないと変形に気づかない可能性もあるでしょう。鼻に溜まった血液が固まってしまうと、息苦しくなることもあります。折れた部分を指で押すと強い痛みが走りますので、圧痛がある場合には病院へ行って診断してもらうことです。骨折しているかどうかの判断にはレントゲン撮影が有効です。

鼻骨骨折の原因

鼻骨骨折の原因は外的な衝撃によるものです。そのため、スポーツをしていて鼻を強打したり、交通事故に遭ったり、誰かに殴られたりといった原因が目立ちます。しかし、鼻骨の構造上、軽い衝撃でも折れる可能性はありますので、何かの拍子に他人の肘が軽く触れた程度でも、骨折が発生することは充分に考えられます。
  
事実、顔面骨折の1割は鼻骨骨折が占めます。基本的には男性に多い骨折ですが、老若男女を問わず誰にでも起こりうる症状です。

鼻骨骨折の治療法

鼻骨骨折の治療は骨折後すぐであれば難しくありませんが、1週間以上放置していると癒着がはじまってしまい、折れた形のままになってしまいます。すると見た目が悪いのみならず、鼻の通りが悪くなることもあります。
  
早期に対応すれば局所麻酔による手術で対応できますが、癒着してしまったあとでは、全身麻酔による施術が必要となります。術後は1週間程度でギプスが外れます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

鼻骨骨折の相談

鼻骨骨折の体験談

  • スポーツで鼻を強打し鼻骨骨折

    35才の鼻骨骨折体験談

    発症時期は社会人1年目の夏でした。学生時代時代からやっていたラグビーの試合で鼻を強打し、鼻骨骨折をしてしまいました。久しぶりの運動で体が重く鉛のような感じでした。集中力が切れかかっていた時、鼻に強い衝撃があり大量の鼻血を流していました。一時退場をし止血し、またすぐに戦線復帰しました。     試合後はいつも体が痛いことが普通のラグビーなので、鼻の痛みも数日で引きだろうと高をくくっていました。 続きをみる

鼻骨骨折に関するコラム