関節症かんせつしょう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

関節症とは

関節症は、全身を構成するさまざまな関節に痛みや炎症などが起こるもので、痛みを覚える部位や原因など多岐にわたります。病原菌による影響を受け、炎症を起こすものと、関節の成分が不足したことにより、負担がかかり炎症をおこすものに大別されます。

関節症の症状

関節症の症状は、部位や原因により症状は多岐に渡ります。
  
関節部分の痛みの他、動きが制限されたりする可動域制限などに伴い、部位によっては生活に支障をきたす場合もあります。関節部分の痛みに伴う局所症状の他に、肩やひじ、ひざ、手や足などの関節軟骨がすり減ったりすることが原因で、痛みや腫れ、曲げ伸ばしの異常などの症状が見られます。
  
重症化すると骨の変形や歩行困難になる場合もあるため、注意が必要です。

関節症の原因

関節症の原因は、部位によりもさまざまですが、関節内の炎症を伴わない非炎症性の関節破壊をいいます。加齢や性別、遺伝、肥満、外傷、運動過剰等が原因となります。軟骨の水分保持機能が低下し負荷に耐えられなくなることが考えられます。

関節症の治療法

関節症は、さまざまな要因や原因が絡み合い発症しますが、その部位によりさまざまであり、特定の予防法は確立されていません。
  
発症した部位により原因を明確にすることで予防法は変わってきます。全体としていえることは、関節の痛みなどを感じた場合は、無理をせず休息をとり、痛みをおさえるように冷却などをすることが効果的です。また、重症化を防ぐためにも痛みを感じた場合は早めに受診し、医師の指示を仰ぎ、早期に治療を開始することが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください