漏斗胸ろうときょう

カテゴリ
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

漏斗胸とは

漏斗胸とは、前側の胸部がへこんでいる、胸郭が変形する疾患です。
くぼみの深さや左右の大きさ、形などは個人差があります。先天性遺伝性疾患で、乳幼児期に気づかれる場合が多く、胸の形が変化しやすい3歳までは経過観察の必要があります。手術を受ける人の約75%は男の子です。

漏斗胸の症状

漏斗胸の症状で特徴的なのは、胸全面のくぼみです。低年齢で発症した場合、成長の過程の中で胸の形が変化していくため、自然と治る場合もあります。10歳を過ぎてから変形が進行する場合もあり、片側のみがくぼむことで、胸の形が左右非対称になることが多いです。また、成人してからくぼみが目立たなくなるケースもあります。
胸のくぼみが原因で、併発する症状もあります。幼児期には、食が細くなったり、食後に吐いたりする場合があります。
また、気管支が圧迫されることによって、風邪を引くと、喘息や肺炎を併発することもあり、学童期には、運動の際に疲れやすく、思春期以降には猫背になる傾向にあります。

漏斗胸の原因

漏斗胸の患者は、肋骨の形成異常が原因で、肋軟骨が短くなっていると考えられています。そのため、肋骨や肋軟骨が人より柔らかかったり細かったりし、支持力が弱いため、息を吸うことで前側の胸部が少しずつへこんでくるのだとされています。
また、扁桃腺やアデノイドが大きいことも関連しています。これらが大きいことで、空気の通りが悪くなるため、息を吸うとき大きな力を必要としてみぞおちに負荷がかかり、へこんでいくのです。そのため、子どもの患者の多くは、入眠時にいびきをかきます。

漏斗胸の治療法

漏斗胸の主な治療方法は、手術です。CT検査によって、へこみが高度であると診断された場合は、手術を行います。6歳以下で手術を受けると、術後に肋骨の形が不整形になる問題があるため、手術時期については担当医師との相談が必要です。
ただし、中学生以上の年齢になってから手術を受けると、胸が左右非対称に変形したり、運動や学校生活に支障をきたしたりする問題もあります。
へこみの程度によっては、吸盤による陰圧で胸壁をひっぱりあげる吸引法や、胸をはって猫背を治す姿勢療法もあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

漏斗胸の相談