医師監修

耳下腺炎とは

耳下腺炎とは、唾液腺のうち、耳下腺に炎症を起こすものです。そのなかでも多いのはおたふくかぜとよく言われる流行性耳下腺炎です。
一方、何度も耳下腺炎を繰り返す反復性、化膿性のものもあります。これは慢性的に炎症がある耳下腺に口中の細菌などが入るものです。

耳下腺炎の症状

耳下腺炎の症状では、片側または両側の耳下腺が腫れて、痛みがあります。さらに耳下腺が腫れて圧迫され、膿が出る化膿性のものもあります。
なかでも反復性耳下腺炎の場合には、5~10歳くらいに多くみられ、中学生くらいになると発症しなくなるようです。
一見すると流行性と同じような症状が出るので、繰り返す場合には血液検査で抗体があるかどうかを調べます。
反復性の場合一般的に腫れるのは片方だけで、熱はなく、痛みも流行性のものに比べて軽いことが多いです。反復性と化膿性の場合は人にうつることはありません。

耳下腺炎の原因

流行性耳下腺炎は、いわゆる「おたふく風邪」で、主な原因はムンプスウイルスで、耳下腺に感染することで発症します。生後半年頃から感染の可能性はあり、小学校低学年頃までがもっとも感染しやすい時期といわれます。ムンプスウイルスは飛沫感染しますが、一度感染すれば免疫ができ、再び感染することはありません。

ムンプスウイルス以外にも、細菌の感染による「急性化膿性耳下腺炎」や別のウイルスの感染などで起こる反復性耳下腺炎などもあります。

耳下腺炎の治療法

耳下腺炎のうち、流行性耳下腺炎は原因がはっきりしているので、ムンプスウイルスに感染しないように、ワクチンを接種することで予防することができます。
また、その他についても感染を防ぐため、口の中を清潔に保ち、ウイルスや細菌に感染しないようにすること、唾液の分泌を促すものを食べるのがよいでしょう。
治療法も痛みや腫れに対する対症療法が基本ですが、化膿性の場合には抗生剤を使うことが必要になります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

耳下腺炎の相談

耳下腺炎に関するコラム