体調不良の原因は夫?!その名も「夫源病」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 医師

長引く体調不良、、、原因は「夫」かも?!

なんだか体調が悪い日が続く、、、とお悩みの方。年齢によっては、更年期障害なのかもしれない、と心配する方もいるかもしれません。
しかし、その体調不良の原因は、身近にいる夫なのかもしれません!夫が原因で体調を崩してしまう病気を「夫源病」といいます。

夫源病について医師に聞いてみました。

Q1 夫源病とは?

夫源病とは、夫の何気ない言葉や行動、あるいは夫の存在そのものに対して、妻が強い不満を持つ状態がつづくことで、心身に不調をきたすストレス性の病気です。
病気とは言うものの、医学的な病名ではありませんが、30代から60代までの既婚女性に幅広くみられます。

Q2 どのような症状なのか?

次のような症状がある場合、夫源病が疑われます。

・夫が休みで家にいる日はイライラする。
・夫の言動にビクビクし、動悸が早まったり顔がのぼせたりする。

また、下記ような場合は夫源病が隠れていることもあります。

本態性高血圧(原因不明の高血圧)
突発性難聴
メニエール病
うつ病

通常の治療で回復しない場合には、一度夫源病の可能性を疑ってみるとよいでしょう。

Q3 もしかして私、夫源病?気付くためにはどうすれば?

体調は良くないけれど、原因がわからない場合、夫が家にいるかどうか、あるいは普段の夫の言動によって体調が左右されるかどうか自分を観察してみましょう。夫の状況によって、大きく症状が変わるようなら夫源病の可能性アリ、です。

Q4 夫源病になりやすい女性の特徴は?

・我慢強く、弱音を吐かない
・几帳面
・責任感が強い
・人に強く言われると、反論できなくなってしまう

上記のタイプの方に多いといわれています。うつ病に重なる部分があるともいえるでしょう。

Q5 原因となるストレスを作り出しやすい夫のタイプは?

・外と家での態度に大きなギャップがある。(外面がよい)
・妻に対して高圧的な物言いをし、家長意識が強い。
・家事や育児に協力的ではないが、文句や意見は言う。
・妻に対する行動の制約が多い。(行先や交友関係のチェックなど)

といったことが挙げられます。確かに、これでは一緒に生活をしていくのは厳しいかもしれませんね。

Q6 夫源病を未然に防ぐには?

夫源病自体、症状が出てから気づくことが多いので、予防策というと難しいのですが、下記などを参考にしてみてください。

・夫に言われっぱなしではなく、自分の意見を何らかの形で伝えること
・自分なりの楽しみや息抜きを見つける
・家庭外での交友関係を可能な限り快適に保ち、ストレス発散をする

また、友人に愚痴る、映画などに感情移入して泣く、カラオケなどもご本人が好きであれば効果があるでしょう。

Q7 夫源病の改善策を教えてください。

一旦、症状が出てしまったら、思い切って相手に自分のつらいところ、変えてほしいところを伝えてみるといいでしょう。なかなか思いが伝わらないようであれば、適度な距離を持つために、可能であれば家から一定期間、離れてみるのも有効です。

医師からのアドバイス

子育て中であれば、子供の夏休みに母子で実家に帰る、シニア世代であれば、自分の気の合う友だちと旅行に行くのもいいですね。物理的に距離をとることで、お互いに頭を冷やす効果が期待できます。
(監修:精神科 吉田先生)

最近ストレスが溜まっている気がする…
【心のお疲れ度】チェック

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するコンテンツ

更年期障害について