カンピロバクター食中毒かんぴろばくたーしょくちゅうどく

カテゴリ
食中毒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カンピロバクター食中毒とは

カンピロバクター食中毒は、細菌性食中毒の一種です。カンピロバクターに感染した食品を摂取することが原因で起こります。2~5日間ほどの潜伏期間の後、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などの症状が出ます。

カンピロバクター食中毒の症状

カンピロバクター食中毒は、感染してから発症するまでの潜伏期間が平均2~5日間と、他の食中毒に比べて潜伏期間が長いことが特徴です。

潜伏期間後に、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などの症状が現れます。前駆症状として、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛など、風邪の初期症状と似た症状が現れる場合もあります。
  
水様便に血便や粘液便が混じることも少なくありません。発熱は37.5~38.5度程度が多く、40度以上になることはまれです。多くの場合、1週間ほどで自然治癒します。しかし、まれに重症化して敗血症やギラン・バレー症候群を引き起こすことがあります。

カンピロバクター食中毒の原因

カンピロバクター食中毒の病原菌は、ニワトリなどの家きん類やウシ、ブタ等の家畜、野生動物などの腸管内に生息している微好気性の桿菌です。そのうち、病原菌となるものはカンピロバクター・ジェジュニ(C.jejuni)とカンピロバクター・コリ(C.coli)です。ほとんどがC.jejuniによるものです。
  
食品や飲料水などを介してヒトに感染します。原因となる食品の大半が、加熱不十分な鶏肉(たたき、レバーなど)やその加工品です。牛レバーや消毒が不十分な飲料水(井戸水、湧水など)による感染例もあります。サルモネラ菌が10万個程度で発症するのに対し、カンピロバクターは100個程度の少ない菌数でも発症します。

カンピロバクター食中毒の治療

カンピロバクター食中毒は、主に抗菌薬による治療を行います。まれに抗菌薬に耐性のある菌の場合があるため、使用する抗菌薬の選択には注意が必要です。

抗菌薬の治療を自己判断で中断すると、保菌者になって感染の元になることがあります。そのため、治療後には菌が消えたことを確認する必要があります。

カンピロバクター食中毒の予防

カンピロバクター食中毒を予防するためには、食品に感染したカンピロバクターを死滅させることと、食品などからの二次感染を防ぐことが大切です。

カンピロバクターは熱に弱いため、十分に加熱することにより死滅します。鶏肉やレバーなどの生食は避けて、十分に加熱調理したものを食べるようにしましょう。
  
また、調理器具などからの二次感染を防ぐため、調理器具の洗浄や加熱殺菌、手指の洗浄・消毒を徹底することも大切です。肉と野菜でまな板を別にしたり、サラダなどは、肉を調理する前に作るなどの対策も有効です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「食中毒危険度」チェック

あなたの食卓は大丈夫?チェックしてみよう!

食中毒は怖い病気です。軽い嘔吐や下痢、腹痛などで済むものもあれば、細菌、ウイルス、化学物質などの原因、かかった方の免疫の状態によっては、最悪の場合死に至るような食中毒が起きることもあります。

また、飲食店やお弁当での食事はもちろんのこと、家庭内でも注意が必要です。あなたの生活の中にどのくらい食中毒にかかりやすい要素があるか、セルフチェックしてみましょう。

1 /15

刺身や生卵など食材を加熱せずに食べるのが好きだ

健康チェック画像

「食中毒危険度」チェック

あなたの食卓は大丈夫?チェックしてみよう!
健康チェックする