アニサキス症あにさきすしょう

カテゴリ
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アニサキス症とは

アニサキス症は、回虫の仲間であるアニサキスが感染することで引き起こされる幼虫移行症のひとつです。アニサキスはイカやサバ、イワシ、アジなどの魚介類に寄生しており、人間がこれらを生食すると一緒に体内に潜り込んできて胃や腸に症状を起こすことになります。頻度の高い冬季の食中毒の一種とも捉えられます。

アニサキス症の症状

アニサキス症の特徴的な症状は、強烈な腹痛と吐き気です。侵入した場所によって胃アニサキス症と腸アニサキス症に分類することができますが、胃アニサキス症が食後数時間程度で発症するのに対し、腸アニサキス症の場合には1週間程度経過してから腹痛が現れることもあります。
  
人によってはじんま疹や発疹といったアレルギー症状を伴うケースもあります。サバに寄生していたアニサキスが原因の場合にはサバアレルギーと勘違いされやすいため、慎重な対応が必要です。症状の強さから、劇症型と軽症型に分けることもできます。

アニサキス症の原因

一般的によく見られるアニサキス症は軽症型で、こちらは体内に侵入したアニサキスが暴れ回ることで症状が起きるものです。この場合はアニサキスを駆除してしまえば、嘘のように症状は引きます。
  
ただし、暴れすぎて胃や腸の壁を突き破ってしまう可能性もあり、こうなると劇症型のような激痛に見舞われます。劇症型の原因は体内にできたアニサキス抗原による発作です。消化管が痙攣したり収縮したりするため、激しい痛みが出ます。こちらの場合はアニサキスを取り除いても、症状はすぐには治まりません。

アニサキス症の治療法

アニサキス症の予防は、魚介類を生食しないことに尽きます。体内に侵入したのが幼虫1匹だけであっても発症の可能性はありますので、完全に予防するために必要な事は、加熱調理する事や、一度冷凍したものを調理する事です。
  
また、アニサキスは冷凍処理でもほとんど死滅するため、一度冷凍したものを解凍して生で食べる分にはほとんど問題ありません。ただし、劇症型の場合はアニサキス抗原が原因ですので、加熱処理や冷凍処理をしたアニサキスの死体でも発作の可能性があります。

治療は胃にアニサキスがいる場合は内視鏡により摘出することで、痛みが消えます。
アニサキスは人体中では1週間程度で死んでしまうので、虫を摘出できなくても対症療法だけで治ります。
対症療法として、鎮痛薬や脱水予防のための補液(点滴療法)などです。
虫が腸管から外に出て症状を起こしている場合は、メベンダゾール)を内服します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください