急性膵炎きゅうせいすいえん

カテゴリ
運動器系の病気
肝臓・胆のう・すい臓の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性膵炎とは

急性膵炎とは、活性化した膵臓の酵素によって、自分の膵臓自体が消化されていく病気です。アルコールと胆石が主な原因で発症します。

膵臓の消化が進行していくと、膵臓に炎症を起こすだけではなく、腎臓や肺、肝臓、心臓といった他の臓器にも障害を引き起こしたり、命に関わることもあります。

急性膵炎の症状

急性膵炎の症状は、上腹部の痛みが顕著に現れることが特徴です。主に、みぞおちから左上腹部にかけての部位が痛み、背中まで痛みを感じることもあります。痛みの程度は、鈍痛から激痛のこともあり、徐々に痛みが増すケースもあれば、突然痛みが生じるケースもあります。

個人差はありますが、急激な上腹部痛での発症かつ痛みは持続することが多いです。嘔吐や腹部膨満感、食欲不振、発熱などの症状を伴うこともあります。急性膵炎が悪化して重症化すると、意識障害や顔面蒼白、呼吸困難などが引き起こされ、命を落とすケースもみられます。

急性膵炎の原因

急性膵炎には、「アルコール性」「胆石性」「特発性」があり、それぞれ原因が異なります。
  

アルコール性


急性膵炎では、アルコールが原因となるアルコール性が最も多くみられます。日常的に適量以上の飲酒をしている人が、アルコールを大量摂取することが引き金になります。アルコールによって、胃液や膵液の分泌量が増えて膵液の流れが滞ったり、膵臓が刺激されたりすることで、膵臓の炎症が引き起こされます。

胆石性


胆石性は、胆管と膵管の合流部で胆石が詰まることが原因で起こります。女性に多い傾向があります。

特発性


原因がはっきりとしない場合は、「特発性」と呼ばれます。また、まれに胆管や膵管の造影検査が原因となるケースや、遺伝が原因となるケースがあります。

急性膵炎の治療

急性膵炎の治療は、原則的に入院治療です。蛋白分解酵素阻害薬、大量輸液、抗菌薬、鎮痛薬、内視鏡による治療など、内科的な治療が行われます。また、血圧、呼吸管理、出血傾向など、全身的な管理がされます。

重症の急性膵炎の場合は、外科的な治療を行うこともあります。

急性膵炎の予防

アルコール性の急性膵炎は、過度な飲酒を慎み、適度な飲酒を心掛けることで予防できます。アルコールとともに、肉類や揚げ物類などを多く食べて過剰に脂肪分を摂取すると、急性膵炎を誘発するため控えましょう。
  
また、油分の多い食事は、胆汁が石のように固まりやすくなり、胆石性膵炎の原因となる胆石ができるリスクとなります。急性膵炎の予防のためには、栄養バランスのとれた食事を摂り、規則正しい生活をすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください