アルコール依存症

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アルコール依存症とは

アルコール依存症とはアルコールの摂取により飲酒のコントロールができなくなり、生活に支障をきたす薬物依存症状のことを言います。女性と男性でその経緯は異なると言われており、国内でアルコール依存症の疑いのある人は約440万人に上るといわれています。

アルコール依存症の症状

アルコール依存症の大きな特徴は、社会生活ができなくなるほど飲酒渇望が強く、自分で飲酒量をコントロールできなくなるという点にあります。常にアルコールを摂取したいという渇望(飲酒渇望)にさいなまれるため、仕事や家庭生活に支障をきたすことも特徴の一つです。
  
またアルコール摂取を辞めたいと思っても、ある程度飲酒を控えると手の震えやイライラ感、けいれん発作を引き起こすという離脱症状を起こし、アルコール摂取を簡単にやめることができなくなります。そして合併症としてうつ病やアルコール性肝硬変などを引き起こすこともあります。肝硬変、肺炎、自殺、心疾患による死亡、不慮の事故が10倍以上高くなるとの報告もあります。

アルコール依存症の原因

この病気は大酒飲みの人やお酒が好きな人がかかりやすいというイメージを持っている方もいらっしゃいますが、一概にそうとは言えません。飲酒の機会は少なくとも、徐々に習慣化し、自身でコントロールが利かなくなり、アルコール依存症に陥るという方は少なくないのです。

アルコールのように依存性のあるものの摂取を繰り返すと脳内の摂取行動パターンが徐々に強化されてしまいGABA-A神経系を介して脳内報酬系というものに作用してしまうことが病態と考えられます。 
 
バブル景気後に患者数は減少しており環境的因子も原因であることが考えられます。

アルコール依存症の予防/治療法

アルコール依存症を予防するためには、飲酒を習慣化しないこと、適量を心がけることなどが挙げられます。1日のアルコール摂取の適量は20グラム以内と言われており、ビールの中ビン1本分、日本酒1合程度が適量にあたります。
  
またアルコール依存症は、本人が知らないうちに進んでしまう症状の一つですので、周囲の人による早期発見・早期治療も重要です。依存症の人は自分が依存症であることを認めたがらないので、セルフチェックなどを用いたり、家族などが医師の診察を受けることを勧めることで本人に自覚を持たせることが何より大切な予防法といえます。
また最近は飲酒欲求を抑える新薬も出てきています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「アルコール依存度」チェック

あと1杯…ついつい飲み過ぎていませんか?

女性の社会進出増加や、女性向けのお酒の種類も増えた事で、お酒好きな女性は増えているのではないでしょうか?
仕事終わりにちょっと一杯。
適度なお酒は、ストレス発散に繋がりますが「あともう一杯」が続いて翌日にも影響が出てしまった、なんてことありませんか?
自分では自覚のないままアルコール依存症になっている、なんてことも。
まずは自分の飲酒習慣から、アルコール依存度をチェックしてみましょう!

1 /10

あなたはどれ位の頻度でお酒を飲みますか?

健康チェック画像

「アルコール依存度」チェック

あと1杯…ついつい飲み過ぎていませんか?
健康チェックする