心的外傷後ストレス障害(PTSD)しんてきがいしょうごすとれすしょうがい(ぴーてぃーえすでぃー)

カテゴリ
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

心的外傷後ストレス障害(PTSD)とは

強烈なストレス体験やストレス体験が心的外傷(心の傷)となり、時間がたってからも強い恐怖を感じることです。実際に事故や事件、自然災害等において自分が被害を受けたり、また大事な人や周囲の人が被害を受けるのを目撃した時の後に、感情がないような感覚になったり、現実感消失等、解離性障害に近い状態になってしまう状態をいいます。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状

トラウマ体験によって起こる精神的な問題は、大きく3つの症状にわけられます。短期間経験する方も多くいますが、長引く方もいます。

1、トラウマ的体験のフラッシュバック
トラウマに苦しむ人は、トラウマ体験を思い出したり、悪夢にうなされたり、映像がフラッシュバックすることがあります。今、まさに同じ体験をしているような鮮明な映像に悩まされます。

2、異常な覚醒状態
覚醒状態が長く続くこともトラウマに対して起こる一般的な症状です。常に自分自身を防御する状態が続くため、苛々したり、急に怒りだしたり、不眠になったりします。

3、拒絶的行動
トラウマによる苦しみを抑えるために、拒絶的な振る舞いをする方も多くいます。トラウマを思い出させるものを避け、場所、人、考えなど、多くのものが存在しないかのような振る舞いをしてしまいます。
トラウマと直接関係ないと思えるものまで避けるようになります。例えば海に行きトラウマが起きたとしたら海に行くのを控えるようになります。 また、不快なことを減らすため、痛みの残る考えや感情を押しつぶしてしまいます。
感情を押しつぶすことで、人間らしい感情を失っていきます。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の原因

トラウマになる原因は様々ですが、主なものを挙げます。
1.自然災害や人為災害(航空機事故、鉄道事故、交通事故)によるもの
このような体験は自分では予測不能である上に自分ではどうすることもできません。実際に生命の危険があり、残酷な場面を目撃することがあります。自分が助けられなかった、あるいは自分だけが助かってしまったということに強く責任を感じる事態もよく起こります。

2.生命に関わる大ケガ
大災害でなくても家庭のなかで起こった事故、例えば「沸き立ったヤカンをひっくり返して生命に関わる大ヤケドをした」といったこともトラウマの原因になります。

3.毒物を用いた犯罪や毒物による事故の被害
毒物を使った犯罪の被害や事故を受けることもこトラウマ体験となることがあります。

4.暴力的な犯罪被害(誘拐や監禁の体験)
襲われたり、凶器で脅されたり、実際に体を傷つけられたりといった暴力犯罪の被害や、性暴力の被害、誘拐・監禁の体験もトラウマとなることがあります。

5.児童虐待の被害
虐待は、現在、身体的虐待、性的虐待、育児放棄、心理的虐待の四種類に分類されていますが、そのすべてがトラウマの体験となることがあります。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)の予防・治療法

トラウマの予防策、対処策として効果的なものを挙げます。
1.茫然自失となるこの感覚は自然なものであり、今の自分は普通である。異常ではないと認めてあげることが大切です。
2.友人、家族、恋人等信頼できる方に自分の抱えている様々な感情を話し、援助を求め、希望を持つことが大切です。
3.何もしないことがないよう日課などを作り、それを守ることが大切です。
4.深呼吸をしながら、過去の楽しかった事や思い出を思い浮かべるのも効果的です。
5.可能な範囲で、今まで通り食事、水分、睡眠をとることでストレスの軽減が期待できます。
6.情報量の多いテレビやラジオ等は、一定時間つけたら消すように心がけます。
7.緊急の危機は去ったことを思い出して、深呼吸などを行うことも効果的です。
8.日常生活を継続する時間と事件・事故・災害のことを考える時間を分け、無理に忘れたり抑圧したりせず自然に喪の作業ができるようにします。
9.体の緊張をほぐすために短時間で構わないので、ストレッチをするのも効果的です。
10.日常の生活のペースを整え、会う人や場所を決めて関わることも大切です。ただし、無理に会おうとしたりする必要はありません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください