心身症しんしんしょう

カテゴリ
子どもの病気
こころの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

心身症とは

心身症とは、ストレスなどの何らかの心因的な要因で身体に不調をきたす症状のことを言います。
心の病と混同されがちですが、あくまでも身体の疾患が主な症状となります。心理的治療とともに、身体的治療を行う必要があります。

心身症の症状

心身症の症状は、疾患によって違いがあります。心身症は、ひとつの病名ではなく、心因的原因で引き起こされる疾患のことを言います。
心身症と診断される疾患には、発生器別にさまざまな症状があります。呼吸器系だと、気管支喘息、過換気症候群などが挙げられます。
他にも、消化器系だと過敏性腸症候群、神経性食欲不振症などがあります。また、体の痛みや頭痛、吐き気など挙げればきりがないほど、心身症と診断される疾病が存在しているのです。
症状の特徴として、その原因に心因的要因が大きく影響していることです。また、病変部位が明らかに認められる胃潰瘍などの疾患と、頭痛や喘息など身体的機能の障害があります。

心身症の原因

心身症の症状は、疾患によって違いがあります。心身症は、ひとつの病名ではなく、心因的原因で引き起こされる疾患のことを言います。
心身症と診断される疾患には、発生器別にさまざまな症状があります。呼吸器系だと、過換気症候群など、消化器系だと過敏性腸症候群、神経性食欲不振症など、挙げればきりがないほど、心身症と診断される疾病が存在しているのです。
症状の特徴として、その原因に心因的要因が大きく影響していることです。また、病変部位が明らかに認められる胃潰瘍などの疾患と、頭痛や喘息など身体的機能の障害があります。

心身症の治療法

心身症の予防で大切なことは、普段の生活で感情を抑えこまないことです。
ストレスを溜めない生活や思っていることを素直に話すことが心身症の予防には不可欠なのです。
現代社会には、さまざまなストレスの要因があります。それを全て取り除くことはできませんが、疲労感を抱いたら少し休むことが必要なのです。身体の不調を感じなくても、心身をリラックスさせることが心身症の予防には効果的です。
ぐっすり眠ることができない、食欲がないなどの症状が出たら、早めに心療内科を受診することが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください