膝靭帯損傷しつじんたいそんしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

膝靭帯損傷とは

膝靭帯損傷は、スポーツや事故などで、膝に強い圧力や負荷がかかったときに、その圧力や負荷によって、損傷を受けた場合発生する症状です。靭帯の一部が裂ける、もしくは破れることにより、膝に痛みが発生します。また軽度なものを「捻挫」、靭帯が完全に切れてしまう場合には「靭帯断裂」とも呼ばれます。

膝靭帯損傷の症状

靭帯は、骨と骨の間をつないでいる組織で、骨と骨を離れないようにしている筋状のものです。筋肉と違い伸縮性はありませんが、ゴムのような弾力性をもっています。この靭帯によって膝を安定した状態に保ち、また動きを制御する働きをします。この靭帯が傷ついた状態を「膝靭帯損傷」と呼びます。
  
膝に激しい痛みがあり、その後膝がグラグラして安定しない、もしくは突然膝がガクンと落ち込んでしまう症状が出た場合には、「膝靭帯損傷」の可能性が高いです。また、膝に負荷がかかった時に、「ゴリッ」「ポキッ」「ブチッ」という音がした場合には、靭帯の一部もしくはすべてが断裂した可能性が高く、膝が外れるという感じがします。

膝靭帯損傷の原因

「膝靭帯損傷」は、主にスポーツや事故によって膝に強い衝撃が加わった場合に発症します。また、強い衝撃も2種類あり、「接触型」と「非接触型」があります。
  
「接触型」は、膝に直接衝撃を受ける場合です。タックルやスライディングなどで、膝が不自然な方向に曲がる、もしくは伸びた状態で更に伸ばすような衝撃が加わった場合。もしくは、膝から地面に落ちた場合などに発生します。
  
「非接触型」は、走った状態からいきなり急停止や方向転換する場合、ジャンプして着地する瞬間など、膝に強いひねりが生じることによって、間接的に膝に衝撃が加わり発症します。

膝靭帯損傷の治療法

「膝靭帯損傷」は、疲労の蓄積などによって起こるのではなく、突発的な外傷によっておこるものですので、予防がしにくい症状です。ただし、膝に関連する筋肉等を鍛えることによって、多少の予防が可能です。
  
発症した場合には、損傷の程度によって治療が変わります。損傷の程度がひどくない場合には、安静的療法が取られ、患部を固定して靭帯の損傷が回復するまで待ちます。一方で、靭帯が完全に断裂した場合の重度の場合では、手術による再建手術を行うことになります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

膝靭帯損傷の相談