肩腱板損傷けんけんばんそんしょう

カテゴリ
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

肩腱板損傷とは

肩腱板損傷は、肩腱板断裂とも呼ばれ、肩関節疾患の中でも多く見られる疾患です。肩の内側の筋肉を司る4つの筋肉「腱板」が切れることにより、痛みや炎症、動作障害などに見まわれます。40歳以上の男性に多く、右肩の発症頻度が高く、60歳代がピークの疾患です。

肩腱板損傷の症状

肩腱板損傷の典型的な症状として、運動痛や運動障害、夜間の痛みが挙げられます。
  
具体的には、
・じっとしているだけで肩が痛い
・睡眠時に特に痛みを感じる
・ドライヤー等を使用する際に肩にだるさを感じる
・腕を上げた時に引っかかる感じがし、スムーズに動かせない
・ジャリジャリというような音がする
  
運動痛の場合は、腕を上げられることがほとんどです。肩腱板損傷になると、はじめは軽い痛みでも、徐々に断裂部が大きくなり、鎮痛剤の効かなくなるほどの強い痛みを感じるようになります。寝ているときの痛みは顕著で、寝付きが悪く睡眠障害を引き起こします。また、茶碗のような軽いものでも持ち上げることが困難になります。

肩腱板損傷の原因

肩腱板損傷の原因の半数は、交通事故や運動中の怪我などの外傷によるもの、それ他は日常的動作の蓄積や加齢による変性、仕事やスポーツなどで腕を酷使した結果、起こるものとされています。
  
原因には打撲など直接外力が加わる、転倒した際に手や肘を付く、変性によって擦れ、弱くなったところに僅かな外力が加わるといったことが挙げられます。腱板は棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の4つの筋肉が集まり構成されています。
  
損傷、すなわち断裂は、一部だけ切れる不全断裂と完全に切れてしまう完全断裂の2つに分類されます。断裂の程度によって小断裂・中断裂・大断裂に分けられ、要因によって損傷の程度や痛みも変わってきます。

肩腱板損傷の治療法

肩腱板損傷は、肩を酷使することで起こることが多いため、予防には以下のようなことが効果的です。
・運動前に準備運動をする
・過度な運動を控える
・痛みがある場合には休息を取る
・日常生活にストレッチや肩を動かす運動を取り入れる
  
また、睡眠不足による体の疲れが、肩に限らず怪我のリスクを高めてしまいます。運動前に十分な睡眠を心がけることも大切です。肩を動かさないと筋肉の柔軟性がなくなり、怪我をしやすくなります。使いすぎに注意した上で、肩を適度に動かすことが肩腱板損傷の予防につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください