オスグッド・シュラッター病おすぐっど・しゅらったーびょう

カテゴリ
運動器系の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

オスグッド・シュラッター病とは

オスグッド・シュラッター病は通称オスグッド病とも言われ、成長期の中学生や高校生がスポーツなどのし過ぎにより、膝の脛骨が突出するため、痛みを伴う骨軟骨炎です。休憩時には無症状ですが、スポーツをすることにより痛みが出現するという特徴があります。

オスグッド・シュラッター病の症状

オスグッド・シュラッター病は、スポーツなどにより、大きな衝撃や負荷が膝に加わる事により痛みを伴います。膝の関節通とも言われ、膝の曲げ伸ばしや、ジャンプ、走るなどの行為により、痛みが現れます。
  
膝に急激な負荷や長期にわたって疲労が蓄積したことにより、膝の脛骨が突出するため、膝を使っていない時や休憩している時には痛みは現れません。スポーツを始めると痛みが出現するという特徴があります。
  
中学生や高校生でサッカーやバスケットボールなど日常的に足を酷使してスポーツを行っている人に発症しやすいといわれています。また、体の柔軟性が悪く、体が硬いお子さんも膝への負担が増すといわれています。

オスグッド・シュラッター病の原因

オスグッド・シュラッター病の原因は、足を酷使するスポーツを日常的に行う事によって、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで起こり、痛みを伴います。激しい運動を行うことで、膝の下の筋肉に負担を与えてしまい、治癒しないまま引き続き負荷をかけてしまうことで悪化していきます。
  
また、柔軟性の問題も指摘されており、体が準備運動などで十分に解されていない状態や、体が硬いことにより、筋肉の緊張状態が続き、膝に負担がかってしまっています。スポーツを行った後のストレッチ不足も、疲労が蓄積され、膝に負担を与えてしまう場合もあり、原因の一つとして考えられます。
オスグッド・シュラッター病は、成長期の中学生や高校生で足を使うスポーツを行う男子が発症しやすいです。

オスグッド・シュラッター病の治療法

オスグット病を予防するためには、スポーツ前の準備運動や、終わった後の筋肉の緊張をほぐすストレッチを十分に行う事が重要です。これを行うことにより、膝への負担を軽減させることができます。また、適度に休息をとり、膝を酷使してしまった後は、マッサージをすることも有効な予防法につながります。
大腿四頭筋のストレッチやアイスマッサージなどを行い、痛みが強い時には、鎮痛剤などの内服や湿布をします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください