口腔カンジダ症こうくうかんじだしょう

カテゴリ
感染症
口・あごの病気
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

口腔カンジダ症とは

口に常在するカンジダ菌の異常繁殖によって起こる口の病気です。抵抗力が低下しているときに起こりやすい日和見感染症の一種です。口腔内に白苔が出たときや違和感があるときは、口腔外科を受診しましょう。

口腔カンジダ症の症状

口腔カンジダは、口腔内に白いコケのようなものが生える「偽膜性」が多いです。白いコケは拭うと取れるため、視診でもチェックできます。偽膜性の他に、食べたり飲んだりした際にヒリヒリする特徴がある「萎縮性」、「紅斑性」もあります。苦味や違和感などの症状が現れます。

口腔カンジダ症は、放置して重症化すると肺炎になることがあります。

口腔カンジダ症の原因

口腔カンジダ症の原因は、「カンジダ・アルビカンス」という真菌の異常増殖です。

抵抗力の低下や義歯などの口腔内の掃除不備、唾液の分泌不足などで起こります。他にも抗菌薬、抗アレルギー薬、免疫抑制薬、抗がん薬、ステロイド薬などの薬が原因でも起こります。持病があって薬を処方されている場合は、中止する前に主治医に相談が必要です。

口腔カンジダ症の治療

主に抗真菌作用のあるうがい薬や塗り薬を使用します。併せてビタミン剤や乳酸菌整腸薬を服用することがあります。

抗菌薬などの薬が原因と考えられる場合は、薬の使用を停止します。新生児や乳幼児の一時的な症状については、自然治癒の可能性が高いため経過観察になることが多いです。長期化した場合に検査と治療を行います。

口腔カンジダ症の予防

口腔カンジダ症の予防は、口腔内のケアが一番大切です。歯磨きや定期検診は怠らないようにしましょう。また、義歯の素材にはカンジダ菌がつきやすいため、専用の洗剤を使います。

抗菌薬を処方されている方は、少しでも違和感があった場合は診察してもらいましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください