特発性間質性肺炎とくはつせいかんしつせいはいえん

カテゴリ
呼吸器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

特発性間質性肺炎とは

特発性間質性肺炎とは、何らかの原因による炎症や傷により肺胞の壁が繊維化することで柔軟性を失い、ガス交換の機能を失う病気です。呼吸ができなくなる結果、病状の悪化によって命を落とすこともあります。
現在の時点においては、特発性間質性肺炎の発症にいたる原因は特定されておらず、対処療法に留まっています。

特発性間質性肺炎の症状

特発性間質性肺炎が発病することによる症状としては、急性的な呼吸不全があります。一般的に、特発性間質性肺炎に罹患した時点ではほとんどが無症状であり、本人が自発的に気づく事はありません。場合によっては、咳が出ることもあり、その結果特発性間質性肺炎に罹患していることが発覚することもあります。日常生活で息苦しさを感じるようになった場合には、すでに特発性の間質性肺炎による影響が大きく及んでいます。
また、病状の進行度合いは人それぞれで、急性の呼吸不全を患い命を落とす患者がいる一方で、息苦しさなどの症状はあるものの、身体的負担は比較的軽い人もいます。急性でない場合であったとしても、病状の進行について注意しておく必要があります。

特発性間質性肺炎の原因

特発性間質性肺炎の原因については、現在まだ判明していません。原因としては、遺伝子な要因とさらに環境的な要因が重なって引き起こされることが、可能性としてあります。特に、特発性間質性肺炎にかかる患者のほとんどは喫煙者であり、タバコの喫煙が特発性での間質性肺炎を引き起こす要因の一つとなっていると見られています。
特発性間質性肺炎を引き起こす環境的な要因としては、ウイルス感染や逆流性食道炎も挙げられます。
特発性の間質性肺炎による肺胞壁の繊維化は、自己免疫の疾患が引き起こすとも見られています。しかし現在のところ、はっきりとした原因の要因や、病気を引き起こすメカニズムについては特定されていないというのが現状です。

特発性間質性肺炎の治療法

特発性間質性肺炎に対する予防の方法としては、なるべく喫煙を避けるといったことがあります。特発性間質性肺炎に罹患する要因として喫煙があるため、タバコを控えることが方法の一つです。ただし、他の要因も病気を引き起こす原因となりうるため、十分に注意が必要です。
ウイルスに感染しないように予防策を施したり、生活環境を清潔に保つことが対策方法としてあります。また、家族や親類に特発性間質性肺炎の罹患者がいないかどうか、遺伝的要因から今後の対策を行うために事前に検証を行っておくということもまた有効な予防の方法です。

治療は、急性憎悪を予防するためにも、禁煙継続や日常生活管理を行うとともに、薬物療法が試されています。
急性増悪時にはステロイド療法が行われ,免疫抑制剤の併用を行う事もあります。
進行すると呼吸不全を併発するため、酸素療法が必要となるでしょう。
最近では肺移植による根治治療も試みられています。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

特発性間質性肺炎の体験談

  • 特発性間質性肺炎にかかりました。

    42才の特発性間質性肺炎体験談

    42才になった冬の頃に、会社で仕事をしていて急に熱が出て来て胸が苦しくなって、その後で咳がきつくなってきました。その日は直ぐに会社を早退させてもらい、自宅でずっと寝ていました。 その後で病院に行ったら特発性間質性肺炎と診断されたのですが、この時点では風邪だと思っていました。 熱を測ると39度を超えていて、動くのもとても辛い状態になっていました。続きをみる