おむつかぶれ/おむつ皮膚炎

カテゴリ
皮膚の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

おむつかぶれ/おむつ皮膚炎とは

おむつかぶれとは、おむつを着用していることで通気性が悪くなり、皮膚に炎症がおきた状態を指します。別名、おむつ皮膚炎ともよばれています。おむつかぶれと判断するポイントは、おしりを拭く、入浴時、おむつを脱がしたときなどに痛がったり、かゆいと泣き出したりしたらおむつかぶれであるおそれがあります。腰や太もも周りなどのおむつカバーやギャザーが密着する部分での炎症もおむつかぶれです。

おむつかぶれ/おむつ皮膚炎の症状

おむつかぶれの症状には、おしりが赤くなったり点々とした赤いものがでてきたり、汗疹のような盛り上がった湿疹が現れることがあります。炎症はかゆみや痛みを発生させ悪化していくと出血したり、皮膚がただれてしまう赤ちゃんもいます。長時間おむつを着用していると、蒸れて皮膚がふやけた状態になります。そのため、肌は弱り未発達の免疫力がますます低下するので傷つきやすく、雑菌などが簡単に進入することができてしまうのです。また、汗疹やアトピー性皮膚炎と混合しやすい症状ですが、大きく異なるところはおむつが当たっているところのみに起こる炎症であるということです。

赤ちゃんは大人と違い、かゆみや痛みを我慢したり伝えることができないので機嫌が悪くなったり泣いたりします。そのようなときは大人が気づいてあげなければなりません。また、初期症状は程度は軽く気づきにくいことがありますが徐々に悪化していくので注意が必要です。

おむつかぶれ/おむつ皮膚炎の原因

おむつかぶれの原因は、おむつを長時間着用していること、時間が経った尿が老廃物など皮膚を刺激する成分を出すことで起こる排出物による発症、おむつの繊維などが皮膚を刺激する、汗によって蒸れる、カビや雑菌などの細菌類が蒸れたおむつの中で繁殖する。個人により異なりますが赤ちゃんの時期は角質層が薄いのため炎症を招きやすくなっています。特に下痢、ゆるい便が頻繁に出るなどお腹の調子が悪いときはおむつかぶれがひどくなる原因といわれています。

さらに、月齢が低い赤ちゃんほど排泄回数も多く、不衛生になりやすいのです。また、この頃の赤ちゃんの肌はとってもデリケートで大人の皮膚の半分の薄さしかないので、外的、内的なダメージを受けやすくなっています。サイズが合わないおむつを着用することで、きつくこすれたり使用されている繊維などが合わないことも原因になります。

おむつかぶれ/おむつ皮膚炎の予防・治療法

おむつかぶれを予防するためには、長時間同じおむつを着用せず、こまめに取替え清潔に保つことです。最近では布おむつが減り、通気性の良い紙おむつが増えているので赤ちゃんに合ったおむつを着用するようにします。市販のおしりふきは繊維が合わないあかちゃんもいるので即座にお湯で洗い流しおむつかぶれ用の保湿剤などで予防していきます。よく汗をかく赤ちゃんのためには、室温などの空調の調節や衣類の調整をして汗をかいても溜め込みすぎないようすぐに発汗できる状態が望ましいです。

保湿剤を使用する際、大切なのはお風呂上り、おむつ交換のタイミングで水分を十分に拭き取った状態で、ごしごしと塗りつけず手で優しく撫でるようにつけ、肌の上にだまにならないようつけます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください