発疹ほっしん

カテゴリ
皮膚の病気
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

発疹とは

発疹とは、水泡、斑、鱗屑、表皮剥離、亀裂、膿疱、丘疹、結節など、目で見える皮膚表面の状態の変化を指します。

水痘(水ぼうそう)や手足口病は発疹を伴う感染症です。アナフィラキシーショックの可能性がある場合は、すぐに受診する必要があります。

発疹の症状

発疹には、さまざまな病態があります。痛みや発熱といった症状が併発することもあります。発疹の色によって、紅班、紫班、白班などと呼ばれることもあります。

水疱は、皮膚の内側に水が溜まる症状を指します。手の平、足の裏、口の中に水疱ができる手足口病が有名です。水疱と同時に神経痛のような痛みも現れることがあります。

発疹の原因

発疹の原因には、感染症による発疹や、感染症と無関係な発疹、薬の副作用による発疹などが挙げられます。

感染症による発疹には、以下が挙げられます。
・水痘(水ぼうそう)
・手足口病
・風疹
・麻疹
・突発性発疹
・水いぼ など

感染症とは無関係は発疹には、以下が挙げられます。
・紫班病
・蕁麻疹
・小児ストロフルス
・膠原病 など

薬剤の副作用によって生じた発疹は、「薬疹」と呼ばれます。

発疹の治療

発疹の原因によって、治療法は異なります。発疹がひどくなっている場合は、皮膚科を受診してください。

発疹の予防

感染症による発疹を予防するためには、人ごみの多い場所を避けることが大切です。

ダニや蚊による発疹を防ぐには、布団やソファーなどダニが好みそうな場所を掃除して清潔を保ちましょう。山などに足を運ぶときは、虫よけスプレーを使用し、素肌の露出は最小限にとどめると予防につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください