アナフィラキシーショック

カテゴリ
皮膚の病気
アレルギー疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アナフィラキシーショックとは

食物や薬物などのアレルギーによって引き起こされる症状のことをアナフィラキシーといい、なかでも重篤な状態をアナフィラキシーショックといいます。意識障害や頻脈、虚脱状態や血圧低下などの症状が起こり、生命に危険が生じる可能性があるため、素早い処置と治療が必要です。

アナフィラキシーショックの症状

アナフィラキシーショックは、血管が拡張することで、血漿成分が漏れ出し、蕁麻疹や喉頭・気道や軟部組織のむくみによる呼吸困難といったアレルギー症状を併発します。口唇や両手足末端のしびれ、めまいや虚脱感、耳鳴り、吐き気、腹痛、下痢、顔面紅潮、意識朦朧などの症状も見られ得ます。
 
これらの症状が出始めるまでの時間は、原因となったアレルゲンや人によって差があります。

アナフィラキシーショックの原因

アナフィラキシーショックを引き起こす主な原因は、即時型アレルギーを引き起こす食べ物、薬剤、毒素、虫刺され、アレルギー物質の吸入、運動、寒冷刺激、紫外線などです。特に鶏卵によってアナフィラキシーショックになる人が多く、そばやピーナッツは、重症となる人の割合が多いとされています。また、同じ食べ物でも、個人によってアナフィラキシーショックを引き起こす摂取量は異なります。
  
運動の場合は、特定の物を食べてから2から3時間後に運動すると発症する食物依存性運動誘発アナフィラキシーになることがあります。運動と食べ物を組み合わせて初めて発症する特殊なものです。

アナフィラキシーショックの治療法

アナフィラキシーショックを防ぐためには、自分のアレルギーや薬物への反応性を十分把握しておくことが大切です。アレルギーがある場合には、学校や職場、飲食店などの外出先に薬を携帯したり、周囲の人にアレルギーがあることを伝えて知ってもらったりすることで、自分の身を守ることができます。
  
経口減感作療法という治療法や、成長に伴って、アレルギーとなる食べ物を食べられるようになることもあります。専門機関で適切な検査をし、調べてもらうと確実です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「アナフィラキシー危険度」チェック

大人になってから突然発症する人も...!?

急性アナフィラキシーショックで入院、そんなニュースを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

「アナフィラキシー」とは、特定の物質が体内に入った際に、短期間で複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)に起こるアレルギー反応のことです。このアナフィラキシーによって、血圧が低下して意識消失してしまう状態を「アナフィラキシーショック」といいます。

この「アナフィラキシーショック」は、大人になってから突然発症する人も…。 もしかすると、あなたも「アナフィラキシー」の素因を持っているかもしれません! まずはセルフチェックをしてみましょう。

1 /15

食べ物のアレルギーがある

健康チェック画像

「アナフィラキシー危険度」チェック

大人になってから突然発症する人も...!?
健康チェックする