機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症きのうせいでぃすぺぷしあ(えふでぃー)/きのうせいいちょうしょう

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症とは

機能性ディスペプシアは、胃のきりきりとした痛みや不快感・胃もたれなどを感じる疾病です。他の病気を疑って医療機関を受診しても、臓器や身体に何の問題も見られない場合に、機能性ディスペプシアという診断が付けられることがあります。

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症の症状

機能性ディスペプシアの主な症状としては、
・食事を摂った後に、胃がむかつくなどの不快感を抱く
・安静時に胃が痛みだしてしまう
・みぞおちの付近に痛みを感じる
・焼けつくような痛みがある
・少量の食事にかかわらず胃が膨らみ、食事を受け付けなくなってしまう
といったものがあります。

他に、嘔吐・吐き気の症状や、頻繁な?気(おくび)が現れるという場合もあります。症状は常に感じず、現れては消えるのを繰り返すのが特徴ですが、嘔吐や排便の後にも症状が消えることありません。機能性ディスペプシアの症状から強いストレスを引き起こし、不眠に陥ることもあります。

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症の原因

機能性ディスペプシアの原因には、さまざまなものがあります。
  
主に、
・胃の動きが衰えることで、摂取がした食べものが胃から排出されにくくなり、それによって胃の不快症状を引き起こす
・胃の入り口にあたる部分の開口が上手くいかず、食べものを取り入れられなくなってしまう
・胃が知覚過敏を起こし、刺激に過剰に反応するようになった
・胃酸が過剰に放出されている

などの場合があります。

他に、外的ストレスや胃に生息するピロリ菌なども機能性ディスペプシアの発生に関わっているとされていますが、詳しくは分かっていません。

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症の治療法

機能性ディスペプシアを予防するには、できるだけ胃に負担をかけない生活を送ることが望ましいとされています。
  
不規則な生活や、急いで食事を済ませるといったことは、胃にダメージを与えがちです。暴飲・暴食を控え、決まった時間に、食事を摂ることを心掛け、アルコールや喫煙などもできるだけ控え、過剰に摂取しないようにされると良いです。

機能性ディスペプシアには、規則正しくストレスの少ない状態を維持することが有効です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症の相談

機能性ディスペプシア(FD)/機能性胃腸症に関するコラム