急性胃炎きゅうせいいえん

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

急性胃炎とは

急性胃炎は胃粘膜の炎症です。暴飲暴食やストレス、解熱鎮痛薬の摂取、ピロリ菌などの感染により、胃粘膜を守る胃粘液と胃酸のバランスが崩れることで発症することが多いですが、中には刺激性の化学薬品の摂取やアニサキスという寄生虫の感染によるものもあります。腹痛や嘔吐、吐血、食欲不振などの臨床症状を認めます。

急性胃炎の症状

急性胃炎になると、突発的に上腹部の不快感や痛み、悪心、嘔吐、食欲不振などの症状が現れます。消化管から出血がある場合は、吐瀉物に血液が混じることもあります。
  
内視鏡で胃内を観察すると発赤、出血、粘膜のただれ、むくみの所見があります。重症化し激しい上腹部痛や吐血、下血などの症状が現れたときは、出血性変化や浅い潰瘍などの急性胃粘膜病変を伴います。
  
アニサキス類の幼虫が胃粘膜に寄生する胃アニサキス症により急性胃炎を発症した際も、内視鏡で胃内を観察し虫体を確認します。この場合、虫体を取り除けば症状は軽快します。

急性胃炎の原因

急性胃炎の原因には、次のような物があります。
・刺激物の過剰摂取(アルコール、カフェイン、香辛料、冷たいもの、熱いものなど)
・薬物の副作用(アスピリン、抗生物質、非ステロイド性抗炎症薬、副腎皮質ステロイド剤など)
・腐食性物質の誤飲(強酸、強アルカリなど)
・感染症(風邪、インフルエンザなど)
・ヘリコバクター、ピロリ菌
・食物アレルギー(牛乳、卵、青魚など)
・アニキサス症
・外部刺激(喫煙、放射線など)
・不摂生
・ストレス
・異物
・他の疾患の治療に伴うもの
・出血しやすい素因がある状態
・肝硬変などに伴う門脈圧更亢進症
特に、ストレスが原因となるのは、ストレス刺激によって脳が胃酸の分泌を促し、逆に胃の防御因子である胃粘液は胃粘膜の血流が低下して胃粘液減少が起きるため、胃粘膜に炎症をきたすというメカニズムが考えられます。

急性胃炎の治療法

急性胃炎の症状が軽度の場合は、様子をみるか、白湯などで水分を補給しながら半日ほど絶食して胃を休めることで軽快しますが、急性胃炎を繰り返すと慢性化し、生活の質を低くさせてしまうので注意が必要です。
  
胃炎の強い症状があるときは、内視鏡のある医療施設で止血や薬物投与などの治療を受け、重症化・慢性化を予防します。日常生活においては消化の良いものを摂取し、過食をさけます。調子の悪いときはアルコールやコーヒー、香辛料の多い食事を控えることが大切です。原因となるもの、例えば薬剤性や全身疾患が原因であればその対処も重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください