育毛いくもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

育毛とは

育毛とは、今ある髪の毛をいろいろなケアをしながらしっかりと健康に育てていくことを言います。
髪のトラブルに悩む人は少なくありません。とくに育毛のきっかけである薄毛の悩みは男性のみならず、若い世代の女性でも多くの人が悩んでいると言われています。

ケアの方法として、育毛剤や頭皮ケアに効果のあるシャンプーを使い、頭皮環境を整えることで、抜け毛を防いだり発毛にも効果が期待されます。
また、食生活も重要なポイントとなります。食生活が乱れていると、どんなに頭皮ケアをしていても、髪に栄養素が行き渡らないいためです。ストレスも育毛を妨げる原因となることからストレス発散をするなど生活習慣を見直し、規則正しい生活を送ることが大事です。

育毛の症状


育毛しようと思うきっかけは、薄毛抜け毛が気になるというものが多いです。
薄毛や抜け毛の進行具合やスピードは人によって違いがあり、例えば加齢によって徐々に抜け毛の本数が増えてしまう人や、急激に抜け毛の本数が増える人も存在しています。

抜け毛に関しては放置していても改善することができない場合もあります。抜け毛について、何かしらの対策を考えることも大切です。抜け毛が広がったり進んだ場合、全体的な髪の毛のボリュームが減ってしまうことだけではなく、特定の一部分だけ髪の毛が完全に抜け落ちてしまう症状も見られることがあります。できるだけ早い段階で処置を行うことも大切です。

育毛するときの代表的な行動として、頭皮環境の改善を挙げることができます。頭皮環境を改善する方法は数々の手段があります。
●代表的な頭皮環境改善
・育毛剤を利用する
・シャンプーなどを変えてみる
・洗髪方法の見直し      など

基本的に頭皮にストレスを与えないようにしましょう。
爪で引っ掻いてしまうことがないように洗髪することも大切です。同時に育毛剤を利用して、毛根に対して良い影響を与えることも重要です。

ほかにも、生活習慣として食生活の見直しを行う内容や、睡眠時間をしっかりと確保することも育毛に効果的と言われています。
薄毛について詳しく見る
抜け毛について詳しく見る

育毛の原因


育毛を始めようと思う原因は薄毛や抜け毛です。髪が十分に育たずに抜けてしまう状態になると、抜け毛が増加して薄毛が進行してしまいます。
抜け毛が増加した状態の頭皮は硬化と言って、かたくなって血流が悪い状態になっています。この状態が続くことで抜け毛や薄毛が進行し、育毛が必要と感じるようになります。

最近では多くの人が薄毛に悩んでいます。原因は大きく2点です。
●間違った頭皮のケアやパーマやカラーリングなど頭皮に刺激を与えたりすること

●日々の生活習慣と頭皮の健康状態
食生活が偏っていると、十分な栄養が身体にとりこめなくなります。髪が栄養不足に陥るばかりか、頭皮の血流が悪くなってしまうのです。

また、睡眠が十分に摂れていないと健康な髪の育毛ができなくなってしまいます。睡眠時間は頭皮や髪のダメージを修復したり育毛を促進する成長ホルモンが分泌される大切な時間です。ストレスなどで不眠になってしまったり、夜更かしをしたりして睡眠不足になってしまうと十分なホルモンが分泌されなくなります。

このように育毛のきっかけになる薄毛や抜け毛は、頭皮の硬化と日々の生活習慣がとても大きく関わっているのです。改善するためには生活習慣を改め、規則正しい食事や睡眠時間を確保し、頭皮の状態を健康に保つことが必要です。
薄毛について詳しく見る
抜け毛について詳しく見る

育毛の予防/方法


予防


髪の健康のために、生活習慣の改善は非常に大切です。

特に健康な髪を育毛するために必要不可欠なのが、食生活と睡眠です。
食事は健康な髪をつくる栄養を身体に取り入れる行為です。ダイエットなどで極端な食事制限をしていたり、偏ったバランスの悪い食事を続けたりしていると髪が栄養不足に陥ってしまい、抜け落ちてしまうのです。まずは1日3食、きちんとバランスのとれた食事をとることが大切です。

また睡眠時間も非常に大切です。
睡眠中には成長ホルモンと言って育毛にとても大切なホルモンが分泌されるのです。頭皮や髪のダメージも修復してくれる役割があります。夜更かしをしていたり、ストレスなどで不眠になってしまうと、十分なホルモンの分泌ができなくなり、髪に悪影響を及ぼします。


育毛の方法


育毛するときの代表的な行動として、頭皮環境の改善を挙げられます。頭皮環境を改善する方法は数々の手段があります。
●代表的な頭皮環境改善
・育毛剤を利用する
・シャンプーなどを変えてみる
・洗髪方法の見直し

育毛しようと思ったら、頭皮環境の改善と同時に予防法である食生活と睡眠時間の見直しも行いましょう。

●冷水シャワーの正しい方法
育毛効果を期待する場合、冷水シャワーとお風呂で温まる事を繰り返します。こうして副交感神経を刺激し、頭皮近くにある血管を開いて、頭皮の環境を整えることができます。体内の毒素の排出し、育毛効果を得られるといわれています。冷水シャワーを行うときは、冷たくて気持ちいいと感じる、適切な温度を調整しなくてはいけません。あまりにも冷たい冷水は、心臓に大きな負担をかけるのでよくありません。冷水シャワーの時間は、一分を目安に冷やし、その後温まると行動を交互に行います。

●効果的な頭皮マッサージ
育毛に効果的なマッサージを行うのは、お風呂上がり後のシャンプー後が最適です。体全体があったまり、血行が良くなった状態で行うことで、頭皮も熱を持ち活発化します。
育毛剤を塗布し、頭皮をなるべく柔らかくした状態で行います。そして爪ではなく指の腹でマッサージを行います。左右の指の腹全部使用し、頭皮を包み込むようにします。一部分を揉んだらまた別の部分と全体を満遍なく揉んでいきます。特に薄毛が気になる部分や、頭皮が硬くなっている部分は、より重点的に行います。優しく揉み続け、最後は手のひらを使って、頭皮全体を包み込むようにマッサージして、完了です。

●血流改善に効果的なツボ
ツボ押しは「血流改善」に大きな効果をもたらします。毎日ツボを押す事で、冷え性や硬直した筋肉の改善のほか、育毛にもよい影響を与えます。それが、「湧泉(ゆうせん)」というツボです。湧泉は、両足の裏の中心部より少し上の窪んだところに存在します。足の指を曲げてへこみができる位置です。このツボを3秒ずつ繰り返してゆっくり押してください。そうすると、体全体の血行がよくなり、ポカポカしてくるでしょう。湧泉(は字の通り、生命の源が湧いてくる泉です。

●ホルモンバランスに効果的なツボ
女性ホルモンの減少により抜け毛に悩まされている人も少なくありません。ホルモンバランスを整えるのに効果的なツボを紹介します。
百会(ひゃくえ):リラックス効果が期待できるツボなので、ストレスや疲労を和らげ、ホルモンの分泌を助けてくれます。頭のてっぺんにある、耳の延長線と鼻の延長戦が交わる所に位置するツボです。3秒押して離す、を繰り返し3分程度行うといいでしょう。中指と人差し指の指の腹で押すようにします。
三陰交(さんいんこう):ホルモン分泌を促してくれるツボです。足の内くるぶしから指4本分ほど上がった位置にあります。親指の腹を使い、3〜5秒ゆっくり押してみましょう。5回ほど繰り返し行います。このツボは温めるだけでも効果が期待できるので、足湯やお灸などでツボ周辺を温めるのもいいでしょう。

●摂取するべき栄養
毛髪はケラチンというタンパク質でできています。育毛のためにまずは良質なタンパク質を摂取することが大切です。そしてビタミン、ミネラルも髪の生成に欠かせない栄養素です。これらの栄養をバランスよく摂取することで健康な髪が育まれます。タンパク質を生かすためには、ビタミンB群も摂取することが必要です。中でもビタミンB6はタンパク質のもとになるアミノ酸からタンパク質を作る代謝に関わる大切なビタミンです。頭皮の血行促進と抗酸化効果のあるビタミンA、ビタミンE、髪に栄養を運んでくれるビタミンCも不可欠です。
また、鉄や亜鉛といったミネラル類は不足すると抜け毛の原因となるので、積極的に摂取しましょう。

●おすすめのレシピ
育毛に良い栄養素の代表として、良質なたんぱく質、亜鉛、ミネラル、ビタミンEが挙げられます。インスタント食品などの脂肪を多く含んだ食品や飲酒は、育毛を阻害するので気をつけましょう。おすすめのレシピは、野菜スープです。ミネラル、ビタミンEは、主に野菜から摂取できる栄養素です。野菜はスープにすることでかさが減り、食べやすくなります。良質なたんぱく質源である鶏肉のささみを加えるのもいいでしょう。野菜の栄養素はスープにも溶け出しているので、残さず飲みましょう。

●番外編:まつ毛の育毛
まつ毛を育毛する医療用育毛剤の使用があります。形成外科や美容皮膚科などの医療機関で診察を受け付けています。医療機関では、経過観察を見守ることができるので、万が一、副作用を発症した場合には、すぐに診察を受けることも可能ですし、体質に合わせて医療用育毛剤を処方してもらうこともできます。定期的にまつ毛に塗るので、日常生活の習慣として医療用育毛剤を使用することがポイントです。医療用育毛剤を使用する場合には、手や指の衛生面に気をつけましょう。

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください