喉頭がんこうとうがん

カテゴリ
のどの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

喉頭がんとは

喉頭は咽頭と気管にはさまれた気管で、いわゆるのど仏の位置で、発声や気道の役割、そして食べ物を摂取した際の嚥下防止の作用を主な働きとしています。
この喉頭部におきた悪性の腫瘍を喉頭がんと呼びます。
男性や喫煙者に多く、手術や放射線治療により治療が行われることが多いです。

喉頭がんの症状

喉頭がんの症状は、のどがイガイガするような違和感や、風邪ではないのに、声が嗄れてしまうという初期症状が現れます。
いわゆる嗄声という症状や食べ物を食べる際の違和感などの自覚症状があるため、早期発見がしやすいという特徴があります。
喉頭がんは、声門部、声門上部・下部に大別されますが、声門部や声門上部に発生したがんは症状が進行すると血痰や食べ物を食べる際の痛みが現れるようになる場合もあります。
のどの調子が悪く、声が嗄れる状態が続いたり、のどの違和感を抱いたりしたら、早めに検査や受診を受ける事が重要です。

喉頭がんの原因

喉頭がんの原因の一つとして喫煙やアルコールとの因果関係が挙げられ、特に喫煙率が高い男性に多い発症率が取り上げられています。
長期間飲酒の習慣がある方や、喫煙習慣がある方は注意が必要です。飲酒と喫煙の他、鉄欠乏性貧血を持っている女性も多く発症します。
また、声を酷使して、大声を出し続けて、咽頭部を不衛生にすることで発症するという場合もあります。
仕事柄、声を出すことが求められる業務の場合など、のどを使いすぎてしまった場合は、声帯を休ませてあげる事と喫煙や飲酒について再確認してみることが重要です。

喉頭がんの治療法

喉頭がんは、喫煙や飲酒による原因が挙げられるので、長期間喫煙・飲酒の習慣がある方は、頻度や本数の見直しが重要です。
生活習慣を見直した上で、咽頭部に対してのケアも予防策の一つといえます。例えば、のどが痛い場合や、声がかれるような活動をした場合には、のどに優しいものを摂取し、ケアしてあげる事が重要です。
部屋の換気を定期的に行うことで、のどに対する負担も減ります。
また、自覚症状に敏感になることも重要ですので、常に自分自身の体調の変化に目と耳を傾ける事が大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください